• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 世界初!? セルフ・フィッティングパター 店頭もゴルファーも学べるベノック『BISシリーズ』

    吉村真
    1974年生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国、台湾、米...
    SNSでシェアする

    4段階のフィッティングを自分で行う『BISシリーズ』

    ベノックは2月末、世界初のセルフ・フィッティングパターを謳う『BISシリーズ』を上市した。これまでの約70種類のベースヘッドから設計変更を行う「プレタクチュール」とは一線を画し、マニュアル化された4段階のフィッティング方法を理解すれば、新米のショップ店員やゴルファー自身でもフィッティングできるのが『BISシリーズ』だ。  ヘッドタイプはマレットタイプとスクエアタイプの2種類。真っ直ぐ向けるターゲットラインの入れ方を見つけて、1球目が真っ直ぐ出るスペックを選ぶためにバランス角を選定するためのシャフトをチョイス。最後に自然なバックスイングになる重さを見つけるというのがフィッティングの流れだ。 最適な重量やターゲットラインはゴルファー自身が調整することも可能だが、ベノックの肝であるバランス角を調整するための専用シャフトは別売りなので、ゴルファー自身がシャフト変更、バランス角の調整も可能となる。その『BISシリーズ』を含め「プレタクチュール」などベノックと長い付き合いがある工房に話を聞いた。

    ベノック販売で『パター』の知見が蓄積

    ベノックといえば重心アングル理論を背骨に、ゴルファー個々にマッチしたスペックをワンオフで作り上げる「プレタクチュール」が市場でも好評を得ている。緻密なフィッティングのもと、個別設計でヘッドをインゴッドから削り出すため平均販売価格は15万円以上。パター市場の販売価格を押し上げたのもベノックだといわれている。その中での「プレタクチュール」はいわば、ベノックが構築したフィッティングで得たデータをもとにゴルファーに提案する最適なスペックのパターだと言えるだろう。  そのベノックパターを7年ほど前から応援してきた工房がある。京都のウィザードスポーツだ。谷口和馬代表が説明する。 「ベノックの取り扱い以前は、数百万円するツアー仕様の『スコッティ・キャメロン』を販売していたこともありました。もちろん一部の富裕層向けですが、その他のお客様は羨望の眼差しで、その商品を見ていました。数多くのお客様への提案商材として最適だったのが『ベノック』だったのです」  ベノックの販売を開始して7年。累積販売本数は200本以上を数えるという。 「『ベノック』は既製品ではありませんから、ゴルファーによって大幅なスペック変更をしなければなりません。その設計変更ともいえるゴルファー個々へのカスタマイズは販売価格以上の価値があります。それが当店で『ベノック』が売れた理由ですし、もちろん購入者は購入店に相談にいらっしゃいます。当店ではパターレッスンも行っており、アフターフォローもできますし、何より『ベノック』を販売する過程で、学ぶことができたパターに関する知見には大きな価値があります」 具体的にどういうことなのか? 「例えば『ベノック』の販売方法は、重心アングルやヘッド重量、ロフト角などをフィッティングで決めていきます。その決定要件などを『ベノック』のフィッティング理論と設計理論から理解すれば、他社商品の重心角が何㍉だとかという製品仕様など、他社商品だとしてもパターを手にするだけで分かるようになります」 その「パターの知見」が蓄積された。ベノックを販売することで、他社商品の理解に繋がる知見が蓄積される。それによってウィザードスポーツのパターフィッティングサービスの内容も充実する。それもウィザードスポーツがベノックを応援する一つの理由だという。

    データに基づく最適仕様の『オートクチュール』と店員とゴルファーが学べる『BISシリーズ』

    先述の通り、『BISシリーズ』は、フィッティング方法がマニュアル化されており、そのマニュアルを理解すれば新米店員でも一般ゴルファーでもフィッティングが可能となる。  一方の「プレタクチュール」は、綿密なフィッティングに基づいたデータ計測により約70種類のパターをベースにベノックが最適なヘッド設計を施した、いわゆる「ベノック」が提案するプロダクトアウト的な最適スペックだ。ところが、『BISシリーズ』はフィッティング理論を理解すれば誰でもフィッティングが可能。つまり、セルフ・フィッティングであり、ゴルファー自身が行うなら「パター」なるものを学びながら最適なパターの仕様を探していくことになるという。 谷口代表が強調する。 「極端な話をすれば、『プレタクチュール』はフィッティングを提供するベノックだけが製品仕様の根拠を理解しているといえます。しかし、『BISシリーズ』はゴルファー自身がフィッティングを理解することで仕様の根拠も理解することに繋がります。つまり、ゴルファー自身の納得度が高く、販売はしやすいかもしれませんね」 「プレタクチュール」はベノックの神髄的な部分がゆえに、ゴルファーにパターの設計値は本質的に理解されがたい。しかし、『BISシリーズ』はゴルファー自身のフィッティングが可能だから、仕様に対する理解が深まるということだ。それに加えて、 「何よりも工作性があるということが面白い。プラモデル的という意味ですが、大人のゴルファーが遊ぶギアとしては大変価値がありますし、何よりゴルファーがパターやパッティングを学ぶ上で大きな価値があると思いますよ」  受け皿となるのが、ビス1本でシャフトが変更できるシステムだ。『BISシリーズ』は、ベノック(BENOCK)・インターチェンジャブル(INTERCHANGEABLE)・シャフト(SHAFT)の略。シャフト重量、フレックス、グリップを含めると無限大の組み合わせから選択できる。だからゴルファーが遊ぶギアなのだという。その意味で『BISシリーズ』は、ゴルファー自身がベノック理論を体験しながら最適スペックを探求できる新たなパターとして注目されそうだ。 取材協力 ゴルフショップウィザード/京都府京都市西京区上桂東ノ口町148  TEL:075-383-8189 FAX:075-323-7404 https://golf-wizard.jp/
    この著者の記事
    動画を撮ってアプリでスイング分析 PRGRのマルチスピードテスター『RED EYES POCKET HS-130_BLE』を使ってみた
    2024年05月14日
    この著者の記事
    全体しなりで身を任せる 『オリジナル』 先がしなっても左に行かない 『JOY365』 HS50m/sで叩いても暴れない
    2024年05月13日
    この著者の記事
    スチールファイバーシリーズにUT専用が登場
    2024年05月11日
    この著者の記事
    インドア施設がゴルフショップ店内にオープン GOLF NEXT 24有賀園ゴルフ西東京店に行ってみた
    2024年05月09日
    この著者の記事
    KBS MAX HL が登場! タメを感じながら驚異的な戻り『40RED』 勝手にしっかりタメて飛ぶ『42WIHTE』 HS50m/sでも叩きにいける『45BLACK』
    2024年05月07日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    朝日ゴルフ Webカタログ 2024
    2024年05月21日
    編集部
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    続けてほしけりゃ放牧すべし
    2024年05月06日
    リサオ
    thumb