1. ニュース

世界初!レベル&ダウンブロー獲得クラブ『ダルマシューター・プレミアム』

ニュース 片山三将

ユニークなクラブを販売する企業がゴルフ業界に参入した。それがエムスタイル合同会社で商品は『ダルマシューター・プレミアム』というもの。何が面白いかといえば、世界初、ダウンブローができているかどうかが、はっきりと正確に分かる練習クラブという。

ここで写真を見てほしい。実は、このクラブヘッドのフェース部分がくりぬかれている。そのクラブで正確にレベル&ダウンブローのスイングができると、ヘッドの下部がボールの下をすり抜け、ボールが全く動かないという。

逆に、ダウンブローができていないとヘッドがボールに当たってしまうという。プロや上級者がスイングするとヘッドがすり抜けてボールが動かない。一方、初心者や中級者だとボールに当たってしまい、中々すり抜けるスイングができないという。

プロや上級者でも上手く打てないとボールに当たってしまうシビアな作り

また、プロや上級者でも正確なダウンブローができない時にボールに当たってしまうという。この辺りはとてもシビアに作っている。ボールに当たらないスイングを繰り返すことで自然にダウンブローのスイングが体得できるという優れものだ。

スイングに悪い癖がつく前に使ってほしい

では、実際、どれくらいの実力があるのか。メディアにも多数登場し練習クラブへの造詣も深い小暮博則プロに話を聞いてみた。

「私はレッスンをしている過程で、たくさんのアマチュアゴルファーに接しています。その中で、多くのアマチュアゴルファーの上達を妨げている原因が判明しました。それは実は単純なことで、『ベストなインパクトの形がわからない』が長く続いているのです。

つまり『正解が分からない状態』を解消できれば、誰でも簡単に上達できることに気付きました。正解が分かるまでに3年以上費やしている方の多くは、ボールを捕まえようとしてフェースを返したり、閉じたりフェースでボールを上げようとして、すくい打ちの悪癖が染みついてしまう傾向にあります。それらを改善する方法を私はコーチングを行いながら探していました。

この『ダルマシューター・プレミアム』を使うことで、正しいインパクトの形が分かるだけではなく、反復練習することで自信を持って実際のボールを気持ちよく打つこともできます。プロのようなインパクトを手に入れることができる最高の練習器具だと思いますので、是非アマチュアの方には試してもらいたいですね」

クラブをボールに当てないことが正しいスイングの証。逆転の発想でとてもユニーク。是非とも、ゴルファーに試してほしい逸品だ。また、今回は小暮プロのオンラインゴルフレッスンビデオ39本付きという特典もセールストークとしては大きな魅力になるだろう。

<商品スペック>
〇全長:98㎝、〇ヘッド:縦6㎝/横11㎝/幅2㎝、〇重量:800g、〇マットブラック焼き付け塗装

なお、同製品を発売するエムスタイル合同会社では、『ダルマシューター・プレミアム』の良さをエンドユーザー
に実感してもらうため、今回特別に3本のプレゼントを用意してくれたので、是非、使ってみたいと思う人は下記
へ応募してほしい。また、同製品に対する問い合わせは、エムスタイル合同会社(担当:友利氏までTEL.080-3963-8851まで)。なお、同社商品の
詳細は下記、URLでチェックしてほしい。https://darumashooter.com/


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • シリコングリップでさらに飛ばそう!『GGG-S026』を新発売

  • 飛距離追求型ボールの第二弾!「スリクソン X2」を新発売

  • 戦うから、支え合うへ 「その横串の役割を『ハドラス』が提供します!」

  • マジェスティを知り尽くす『ソムリエ』の神髄に迫る

関連記事

  • 大型MOIヘッドを操作するシャフト選びはバラバラでも良い!?

  • BS新『ツアーB』シリーズを2020年秋発売 ~FW・UT編~

  • コロナで見えたこと

  • アコーディア元社長の竹生氏が「国内2000コースは生き残れる」と語る根拠

  • NGKとPGMが「握手」 二大ゴルフ場勢力がコロナで市場改革に意欲

  • BS新『ツアーB』シリーズを2020年秋発売 ~ドライバー編~