• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ツアーサポートの舞台裏「アームローテーションを使う原江里菜プロは重心距離の短いヘッドで操作性向上」

    長瀬 貞之
    1954年生まれ 成城大学1976年卒業  1979年 マグレガーゴルフジャパン セールスマネージャープロダクトマネージャーを兼任 1987年 フィラジャパン設立メンバーとして参加  1989年 タイトリ...
    SNSでシェアする
    6月4日(木)東京ゴルフスタジオ(東京都三鷹市) 今回は今季からクラブ契約がフリーとなった原江里菜プロの登場です。東京ゴルフスタジオはツアーコーチの森守洋氏が主催するインドアスタジオで、こちらでは森コーチが指導する原江里菜プロ、堀琴音プロ、山口すず夏プロ、福田真未プロを含め多くの選手が練習する環境です。 原プロは、身長164㎝と恵まれた体格を持ち、その体格を生かしたスイングで定評がある選手ですが、アームローテーションを使ってダウンブローにターフを取るスイングの為、比較的重心距離の短いヘッドがコントールしやすいのでは? と考えスタートしています。 選んでいただいたのはヨネックスCB301アイアンで比較的コンパクトなヘッドで、重心距離は昨年まで使用のものより短くなります。当初は原プロ本人の希望もあり65g台のカーボンとNS850でテストを開始し、最終的にはやはりクラブの重さをうまく使えるスイングなのでNS950NEO(R)でセッティングし微調整をしています。 アームローテーションを使う原江里菜プロは重心距離の短いヘッドで操作性向上 アイアンがうまくハマったおかげで、次にUT#4、#5も使用してすっかり気に入って使用をしていただいています。今回はアイアンの微調整もあったのですが、原プロ本人の希望もありヨネックスGT2 435ドライバーもテストを開始させていただきました。ヨネックスGT2 435はGT2の455と比べてもコンパクトでディープフェースの設計ですが、重心距離が比較的短いため自分でヘッドをコントロールしたい原プロにはピッタリのタイプです。 シャフトはテスト中ですが三菱DIAMANA-Dリミテッドを選択。原プロの練習を見させてもらいながらも、森プロと話しましたが、「重心距離の短いクラブのおかげで、スイングが変わってきました。従来よりスムーズに振れるので、余計な曲がりは出にくいはずです」とのコメントでした。 今回のようにツアーコーチとセッティングを試せるのは正解に早くたどり着けるので助かります。 今回、原プロに提案したクラブセッティングは女子プロの標準とは違っていると考えていますが、やはり、選手のスイングを考慮して、気持ちよくスムーズにスイングできるフィッティングが、大きなポイントかな? と思いました。 アームローテーションを使う原江里菜プロは重心距離の短いヘッドで操作性向上 ★ヘッド挙動画像 原プロは自分でアームローテーションを積極的に使うため、写真のようにインパクトに向かうときにフェースが開いて、シャフトのトゥダウンがおこったところを、インパクトでフェースローテーションを入れたいようです。 この感覚は長年先が動くシャフトを使ってきたためで、先端があまり動かないシャフトの選択で少しスイングがシンプルになり、スムーズさが増したようです。
    この著者の記事
    ツアーサポートの舞台裏 朝日でも西日でも計測できる 高性能距離測定器の登場
    2023年12月09日
    この著者の記事
    ツアーサポートの舞台裏 パターはオートマと感性を生かせる ワイドブレード型の使用者急増中
    2023年11月25日
    この著者の記事
    ツアーサポートの舞台裏 アクシネット社ボール、クラブ、グローブ、シューズと 多岐にサポート
    2023年11月05日
    この著者の記事
    ツアーサポートの舞台裏 重量調整がしやすい『トリプルダイヤモンド』で つかまりを調整
    2023年10月06日
    この著者の記事
    ツアーサポートの舞台裏 クラブ重量をUPして安定した飛距離
    2023年08月15日
    → もっと見る
    タグ
    フィッティング
    ツアーサポート
    thumb
    thumb
    コロナ明けで実現したW杯
    2024年02月25日
    小林忠広
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    書籍発売のお知らせ
    2024年02月20日
    編集部
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb