1. ニュース

PINGが『G425』シリーズ発売 選べる3種類のヘッド

ニュース 大矢晃弘
G425

ピンゴルフジャパンは8月31日、新商品『G425』シリーズのメディア向けオンライン発表会を開催した。ドライバーは『G425MAX』、『G425SFT』、『G425LST』の3モデルをラインアップする。

G425MAX

G425

ピン史上最大のMOIと飛び

今回発売する『G425MAX』は前作『G400MAX』の後継機種の位置づけだが、主な特徴としては『G400MAX』の高MOIと、昨年発売した『G410PLUS』の弾道調整機能を組み合わせたドライバーだという。

バックフェースの弾道調整機能に関しては、『G410PLUS』同様に3つのポジションに変更可能。ただし、ウエイトを『G410PLUS』よりも高比重にしたことにより、移動する範囲を狭めることができたため、慣性モーメントを維持することに成功したとか。

ヘッド体積は460CCで、プレーヤーテストの結果、『G410PLUS』比で平均飛距離が3~4ヤード伸びたほか、弾道のばらつきも64%減少したという。

G425

深低重心設計

もう一つの特徴はさらに深低重心化した点。これにより、上下MOIの合計が同社史上最大の9700g・㎠以上となり、直進性が増したという。

G425

試打した比嘉真美子は、

「何発打ってもブレないドライバーだと思います」

とコメント。

G425SFT

G425

『G425SFT』は『G425MAX』同様ヘッド体積460CCだが、徹底的につかまりにこだわったモデルだ。高比重ウエイトをヒール寄りに配置したことで、右へのミスを恐れずに振り切れるとか。

G425LST

G425

『G425LST』はヘッド体積445CCの低スピンモデル。重心を『G425MAX』よりも約10%フェース寄りに配置したことで、低スピンと強弾道を実現したとか。

FW・UT・アイアンも発売

G425

同社は他にも、『G425MAX/SFT/LST フェアウェイウッド』、『G425 ハイブリッド』、アイアン形状の中空ヘッド『G425 クロスオーバー』、『G425 アイアン』も発売する。

発売日・価格

発売日は9月18日予定。価格は純正シャフトで7万円~8万5000円(シャフトによる)


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

G425

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 自腹を切ってSDGs ゴルフ界団結の狼煙をあげる

  • 手の平サイズのコンパクト&軽量レーザー距離計、CaddyTalk minimi LT

  • 世界中でロングランの『GC2』を進化させた後継機種「GCQuad」

  • グリーン周りを攻略! キャスコ『ドルフィンピッチ&ランウェッジ』を徹底試打

関連記事

  • 1000円もらいます。JGF有料化に長年の議論

  • ONOFF DRIVER KUROを坂本龍楠が試打検証

  • ジュニアゴルファーのオンラインコミュニティが参加無料の大会開催

  • 機能性にこだわった足袋型ソックス『テンシャルゴルフソックス』

  • 「米3大ブランドに対抗する!」 12代目のゼクシオは『X』推し

  • ゴルフボールが店頭から消える? 素材不足巡る複雑な世界事情