1. ニュース

クラブ間の距離差を埋めるセッティング スコアメイクでは非常に重要なポイント

ニュース 長瀬 貞之
クラブ間の距離差を埋めるセッティング スコアメイクでは非常に重要なポイント

8月5日(水)グラファイトデザインテストセンター(埼玉県秩父市)

今回は再びグラファイトデザインテストセンターに伺い、倉田珠里亜プロのシャフトテストと新製品を紹介します。従来、倉田プロが使用するのは『ツアーAD BB』(6S)でした。

今回は同社が新たに投入した『aG33』と9月に発売される『HD』シャフトのテスト。『aG33』では少し軽すぎて良い結果に至りませんでしたが、『HD』(6S)ではエースシャフト『BB』(6S)を超えるデータになりました。

クラブ間の距離差を埋めるセッティング スコアメイクでは非常に重要なポイント

同じ重量帯のシャフトですがヘッドスピードも0.7ほど上がり、ミート率も1.5台に上がってトータル247ヤードまで計測数値を伸ばしました。

今回テストした『aG33』シリーズは40g台、50g台と軽量で、大慣性モーメントヘッドをコントロールできる先調子のシャフトとして開発され、先端補強にも定評のある「T1100G」に加え、新たに「M40X」を採用。

左右のバラツキを抑えて飛距離が出せる新次元先端調子シャフトとして開発し、すでに大西葵、辻りえ、新垣比菜プロらが使用中。9月発売予定の『HD』は程よい中調子を基調としたシャフトで、同社王道の『PT』『TP』シリーズに代表されるモデルの後継機種という位置づけで、『TP』を改良し「叩けるハジキ系」のシャフト。JGTOでは手島太一、小鯛辰也、星野陸也らがテスト中とのこと。

筆者もテストしましたが、どちらも大型ヘッドのコントロールが容易でしたが、個人的には『HD』が大ヒットの予感です。

今回はドライバーのシャフトテストでしたが、倉田プロにはテーラーメイド『M5』には『BB』(6S)が、キャロウェイ『マーベリック サブゼロ』には『HD』(6S)がベストマッチングとなりました。ヘッドが変わると最適シャフトが変わる典型といえるでしょう。距離的には『マーベリック』+『HD』が5ヤード程飛ぶようです。

今回は倉田プロのトータルセッティングを見直そうと、グラファイトの加藤氏が提案(加藤氏は石川遼、宮里美香らのキャディを歴任)。クラブのキャリーに応じた新たなセッティングを提案されていました。クラブ間の距離差を埋めるセッティング。スコアメイクでは非常に重要なポイントです。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

クラブ間の距離差を埋めるセッティング スコアメイクでは非常に重要なポイント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

長瀬 貞之

長瀬 貞之

1954年生まれ 成城大学1976年卒業 
1979年 マグレガーゴルフジャパン セールスマネージャープロダクトマネージャーを兼任
1987年 フィラジャパン設立メンバーとして参加 
1989年 タイトリストリストジャパン(現アクシネットジャパン) 設立メンバーとして参加 シニアマネージャーとして営業・商品開発・広告販促・ツアーサービスをまとめる。
2001年 有限会社ビー・ヒット 設立
執筆業務 業界誌「ゴルフ用品界」で「ツアーサポートの舞台裏を見る!」を連載中

この人が書いた記事  記事一覧

  • クラブ間の距離差を埋めるセッティング スコアメイクでは非常に重要なポイント

  • 大型MOIヘッドを操作するシャフト選びはバラバラでも良い!?

  • アームローテーションを使う原江里菜プロは重心距離の短いヘッドで操作性向上

  • ヘッドが簡単になり、シャフト開発も従来コンセプトから変化が必要

関連記事

  • 三浦技研で働いてるのはどんな人たち?

  • ピンフラッグが測りやすい簡単操作の高低差対応モデル『COOLSHOT 40i GII』

  • スーパーストロークに『リストロック』登場

  • ブランド誕生10周年記念モデル『N.S.PRO MODUS³ TOUR115 10th Anniversary Limited』

  • ジャパンゴルフフェア2021開催決定 出展申込は11月2日開始予定

  • ローンチモニター最高峰を目指す『mevo+』登場