• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 純国産にこだわるモダートからアイアンヘッド『CBF』発売

    吉村真
    1974年生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国、台湾、米...
    SNSでシェアする
    モダートは10月2日、アイアンヘッド『CBF』(ヘッド単品価格3万円、#4単品、#5~PW5個セット18万円)を発売した。

    『CBF』の特徴とは?

    modartCBF2 その特徴をあげると、 ①やや丸みを帯びた形状はウエッジからの流れを汲み、見た目の易しさと操作性の良さをイメージすることが可能。 ②トップブレードは厚みをつけ見た目の易しさを持ちつつ、上部のオフセンターヒット時の当たり負けを抑制し、飛距離のバラつきを抑える。シビアな局面でも“あと一押し”をサポート。 ③バックフェースは波をイメージした『ウェーブキャビティ』構造で波のように段々と肉厚になりヒール側に重量を配置し球のつかまりを向上。 ④ウェーブキャビティ構造によって、フェース下部でのインパクト時でも球をしっかり押して飛距離ロスを抑制。

    開発の意図とは?

    modartCBF3 同社の須田満社長によると、 「一言でいえば、しっかり飛んで、しっかり球が上がって、しっかり球が止まる。理由は重心設計です。それと、これは易しいといわれるクラブを使用している女子プロも使用者のイメージです。バックフェースの見た目はツアーモデルらしく格好良いデザインですが、トップブレードも厚くシビアではないので、アドレスすると易しいアイアンに見えるはずです。また、当社のアイアンヘッド『CBC』よりも一回りサイズアップしており、安心できる大きさを感じていただけると思いますね」 同社のアイアンを使用している濱美咲プロもテストしたが、クラシックなロフト角(#7=33度)ながら5~8ヤード飛距離が伸びているという。

    スペック、問い合わせ先

    modartCBF4 モダート 028-622-3222
    この著者の記事
    『GOLF NEXT 24』のワイムシェアリングがスコアエントリー方式の 復興支援チャリティコンペが開催中
    2024年06月18日
    この著者の記事
    マイカスタム第10回 高反発と低振動シャフトで飛距離への執着を捨てた
    2024年06月01日
    この著者の記事
    動画を撮ってアプリでスイング分析 PRGRのマルチスピードテスター『RED EYES POCKET HS-130_BLE』を使ってみた
    2024年05月14日
    この著者の記事
    全体しなりで身を任せる 『オリジナル』 先がしなっても左に行かない 『JOY365』 HS50m/sで叩いても暴れない
    2024年05月13日
    この著者の記事
    スチールファイバーシリーズにUT専用が登場
    2024年05月11日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb