1. ニュース

ピンフラッグが測りやすい簡単操作の高低差対応モデル『COOLSHOT 40i GII』

ニュース 大矢晃弘
COOLSHOT 40i GII

ニコンイメージングジャパンはゴルフ用レーザー距離計『COOLSHOT 40i GII』を発売した。

製品特長

1.高い測距性能。最大測定距離と測定結果の表示速度がさらに向上
最大測定距離の延長により、8~1600yd.(7.5~1460m)までの直線距離が測定可能に。その高い測距能力により、ピンフラッグなどの小さなターゲットも測定可能。またHYPERREAD搭載により、目標物までの距離に関わらず一定して速いレスポンスで測定結果を表示することが可能。約0.3秒で測定結果を表示。

2.ピンフラッグを測定できたことが一目でわかる「LOCKED ON」機能を搭載
最上位機種『COOLSHOT PRO STABILIZED』に搭載されたLOCKED ON機能を搭載。測定した距離が“ピンフラッグ”か“奥の林”か分かりにくいシーンでも、LOCKED ON機能があれば安心。ピンフラッグの距離を測定するとサークルが点灯する為、ピンフラッグを測定できたことが一目で分かる。

3.ワンプッシュで簡単に測定モードの切替が可能
競技で使える「Dモード(直線距離のみを表示)」と、ID Technologyを搭載し起伏のあるコースで高低差をふまえ打つべき距離の目安も表示する「Gモード(直線距離に加え、水平距離±高さである加減算距離を表示)」の2つの測定モードを搭載。MODEボタンをワンプッシュするだけで、2つのモードを簡単に切り替え可能。

4.外観サイズがコンパクトに。より持ち運びやすく
外観サイズが『COOLSHOT 40i』よりコンパクトになり、持ち運びやすさが向上。

5.雨天時も安心な生活防水構造
JIS/IEC保護等級4(IPX4)相当(ニコンビジョンの試験条件による)の生活防水構造により、雨に濡れても内部に水が浸入することを防ぐ。

6.近くの目標物の距離を優先的に表示する「近距離優先アルゴリズム」を搭載
「近距離優先アルゴリズム」を搭載することで、レーザーが複数の目標物に当たった場合、最も近い距離を表示させる。アプローチショットでピンフラッグを狙う際に、手前にあるピンフラッグまでの距離測定が容易。

7.「連続測定」と「単発測定」 2種類の測定機能を搭載
ボタンを押し続けると最大約8秒間の連続測距が可能。ゴルフでグリーン上のピンフラッグを測定するときは、連続測定でピンフラッグをターゲットマークの中心に狙い続けると、手ブレの影響を軽減することができる。

8.明るい6倍のファインダーと見やすいロングアイレリーフ設計
多層膜コーティングを施した6倍のファインダーにより、明るくクリアな視界を実現。また、大きな接眼レンズ径によりのぞきやすく、ロングアイレリーフ設計のため、眼鏡を掛けたままでも見やすく広い視界が得られる。

主な仕様

測定範囲
 7.5-1,460m/8-1,600yd.
測定精度(直線距離)
 ±0.75m/yd.(700m/yd.未満)、±1.25m/yd.(700m/yd.以上、1,000m/yd.未満)、±1.75m/yd.(1,000m/yd.以上)
倍率
 6倍
質量(重さ)
 約170g(電池を除く)
電源
 CR2リチウム電池×1本(DC3V)、オートパワーオフ機能(約8秒)
防水構造
 生活防水 ※JIS/IEC保護等級4(IPX4)相当

価格

オープン(実勢売価:3万3000円)


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

COOLSHOT 40i GII

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

大矢晃弘

大矢晃弘

1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。
中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。
ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。
自分が発信する記事で、ゴルフの楽しさをより多くの方に知ってもらい、皆がゴルフを気軽に始められるようにしたい。ひいては、ゴルフ業界をもっと活性化させたい。その想いで今日も走ります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 収益ゼロでも信じて頑張る 元GDO社員が練習場版食べログのゴルフメドレー開設

  • ラウンド後のボディケアに 『シリアス 近赤外線温熱LED』を試してみた

  • 社内の雑談から生れたドゥクラッセのゴルフウエア

  • 『VATIC』ドライバー試打 ヘッド一つで理想の弾道を出せるのか? 徹底解説

関連記事

  • 大型ヘッド+ワイドソール設計でショートゲームに自信をもたらす『MACK DADDY CB ウェッジ』

  • 立体的なネック形状が美しさと構えやすさを両立20周年アニバーサリーモデルが登場

  • 工房探訪 ゴルフ工房バーン 元美容師のクラフトマンは 右脳左脳を使ってギアを診る

  • シャフト、ヘッドだけではなく、パターの評価にも計測器は必要

  • 収益ゼロでも信じて頑張る 元GDO社員が練習場版食べログのゴルフメドレー開設

  • 社内の雑談から生れたドゥクラッセのゴルフウエア