1. ニュース

ジャパンゴルフフェア2021開催決定 出展申込は11月2日開始予定

ニュース 吉村真

日本ゴルフ用品協会(JGGA)はこのほどジャパンゴルフフェア実行委員会を開催し、2021年3月12日(金)~14日(日)に「第55回ジャパンゴルフフェア2021」(JGF、横浜パシフィコ)の開催を決定した。

今年で54回目を迎えるはずだった「JGF2020」は新型コロナウイルスの影響を重く見て開催を中止。球春到来を告げるイベントが中止になったことで、業界は大きなPRの場を失った。

昨年の「JGF2019」は過去最高の6万487人が来場し、出展219社の新製品を試打するなどで盛り上がった。ビジネス来場者は26・9%、一般来場者が72・0%、女性の来場率は29・0%で、ゴルフ界が課題とするレディス需要の拡大にも貢献している。

昨年は、9月より企業登録、出展申し込みの事前入力が開始され、10月より出展申し込み、12月中旬にはブース位置選択会が開催されている。ところが、「JGF2021」に向けては新型コロナウイルスの影響などで、JGF開催の決定が遅れた模様だ。

JGGAは「JGF2021」の開催を決議するまで、過去2年間の出展社へ出展の意向を問うアンケートを9月に実施。その結果を理事会、ジャパンゴルフフェア委員会、ジャパンゴルフフェア実行委員会で慎重に議論を重ね、開催を決定したという。

JGGAのアレックスM.ボーズマン会長は、
「(出展意向確認アンケートの)結果として、多くの企業が現段階で出展の決断に至る事は難しい状況であるということが分かりましたが、同時に感染に関わる問題がなければ『出展したい』という意向を多くの企業が持たれていることも明確となりました。(中略)国内外の状況に目を向けますと、感染状況に注意を払いながら経済活動を再始動させているケースが目につきます。(中略)アンケートと共にこのような状況を考えあわせた結果、JGF2021開催の決定に基づいて準備を進めるという結論に達しました」

課題は、ウイズコロナにおけるJGFの開催で、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底し、これまでとは異なりライブとネットワークの2種類の展開を成立させる企画力だ。

世界的な展示会運営企業であるリードエグジビションジャパンは9月初旬から、ビッグサイトを皮切りに大規模な展示会を開催。現在のところ、感染者ゼロを継続しており、展示会自体の開催がリスタートしている。

コロナ禍でほとんどのクラブメーカーが記者発表会をオンラインに切り替え、JGFに関しても出展社数の減少も想定される中、JGFの開催によってコロナ災禍を乗り越えるゴルフ界の一致団結が求められている。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三浦技研で働いてるのはどんな人たち?

  • スーパーストロークに『リストロック』登場

  • ジャパンゴルフフェア2021開催決定 出展申込は11月2日開始予定

  • ローンチモニター最高峰を目指す『mevo+』登場

関連記事

  • 三浦技研で働いてるのはどんな人たち?

  • ピンフラッグが測りやすい簡単操作の高低差対応モデル『COOLSHOT 40i GII』

  • スーパーストロークに『リストロック』登場

  • ブランド誕生10周年記念モデル『N.S.PRO MODUS³ TOUR115 10th Anniversary Limited』

  • ローンチモニター最高峰を目指す『mevo+』登場

  • デザイン性に優れたコンパクトなレーザー距離計『ボイスキャディCL2』