1. ニュース

フライハイトから 『THE-G フォージドアイアン ミッドサイズ』を発表

ニュース 吉村真

男前ブランドを展開するフライハイトは9月中旬、安定感を増したミッドサイズの軟鉄鍛造アイアン『THE-Gフォージドアイアン ミッドサイズ』の発売した。シャープな顔つきで、安心感のある男前ヘッド。安定した高弾道でターゲットを狙えるアイアンだと自信をみなぎらせている。

同じ軟鉄鍛造では『THE‐Gフォージドアイアン』をラインアップするが、そのモデルを一回りサイズアップして安心感を醸し出している。その特徴は、番手ごとの重心フローやV字型ソールなど機能満載だ。

重心フローについては、番手ごとにバックフェースの肉厚でコントール。ショートアイアンは高重心で、重心はトゥ寄り。ショートアイアンにありがちな引っ掛かりを抑制。一方のロングアイアンは、トゥ・ヒールの肉厚を厚くすることで、最適な重心バランスを実現した。

さらにそれに関連するのがV字型ソール。V字型ソールの頂点を番手ごとにフロー。ロングアイアンは、バックフェース側に頂点が寄っており、一方でショートアイアンになるにつれて、その頂点はフェース側に配置されている。

結果、最適重心との相乗効果で抜けもよく、バウンス角の効果を最大限に発揮している。

さらに、#5~#8のロング・ミドルアイアンは、バックフェース側にCNCによるアンダーカットを施すことで、深重心を実現。スイートスポットの拡大にも寄与して、難しいとされるロングアイアンまでやさしくボールが上がるデザインだ。

工房店主に耳寄りな情報もある。バックフェースのビスは、1g 、3g 、5g 、7g とラインアップも豊富で様々なシャフトやセッティングに対応。それだけではなく、今回のモデルはシャフト脱着式のスリーブを使用できる試打クラブも用意。クラブ販売に不可欠となった試打クラブ制作のコストダウンも繋がるはずだ。

本体価格はヘッド単価2万円(#5,#6)、4本セット8万円(#7~PW)。

問い合わせは、03-5298-2775。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 立体的なネック形状が美しさと構えやすさを両立20周年アニバーサリーモデルが登場

  • 工房探訪 ゴルフ工房バーン 元美容師のクラフトマンは 右脳左脳を使ってギアを診る

  • 工房探訪 アフターゴルフ 県内1位の身近な成績で集客力UP

  • アメリカン俱楽部の役目は終わった 高額地クラブ路線に舵を切る諸般の事情

関連記事

  • 大型ヘッド+ワイドソール設計でショートゲームに自信をもたらす『MACK DADDY CB ウェッジ』

  • 立体的なネック形状が美しさと構えやすさを両立20周年アニバーサリーモデルが登場

  • 工房探訪 ゴルフ工房バーン 元美容師のクラフトマンは 右脳左脳を使ってギアを診る

  • シャフト、ヘッドだけではなく、パターの評価にも計測器は必要

  • 収益ゼロでも信じて頑張る 元GDO社員が練習場版食べログのゴルフメドレー開設

  • 社内の雑談から生れたドゥクラッセのゴルフウエア