• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 『ソラトビ』と飛び系ヘッド三浦技研『EI-801』の相性は?

    吉村真
    1974年生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国、台湾、米...
    SNSでシェアする
    シャフトブランドのスリリングは9月25日、ヘッドの性能を最大限に生かすトランスミッションアイアンシャフト『Sora ni Tobidase ~ソラトビ~』を発売した。 同シャフトはヘッドの特性を最大限に生かすことを目的に開発を進めてきたという。そこで注目したのが打ちやすさやフィーリングといった感性面よりも、いかにインパクトでシャープにプレーヤーのパワーを伝えることができるか、という点だ。特に、『ソラトビ』は今秋発売予定の三浦技研の飛び系アイアン『EI-801』とのマッチングを図るため、共同開発されている。そのような意味も含め、ヘッドの特性を生かす開発となっている。 その要素だが、まず、最適なトルクとフレックスの組み合わせを実現している。というのも、飛び系アイアンはヘッドの飛距離特性が高いため、インパクトでのミート率が重要。シャフトが余計な挙動をせずにインパクトでのエネルギーを最大限ボールに伝達することを目的とした。特にフレックスは何キロの重さを吊り下げるとシャフトが曲がるという指標で、その重さの数値とトルクの数値の組み合わせをヒューマンテストで評価したという。 「ロボットテストでは差が出にくいバランスなので、ヒューマンテストを重視しました」 それゆえ、硬い、軟らかい、打ちやすい、打ちにくいという指標ではなく、ギアーズ等で蓄積したデータをもとにした最適弾道に合致する最大公約数的なバランスに落とし込んでいる。さらに、余計な挙動を防ぎ、パワーの分散を抑制するため、フープ層を効果的に配置。スイング中に生じるシャフトの変形を抑え、即座に復元して、パワーを確実にヘッドに伝えることを実現した。 また、トルクとフレックスの最適バランス設計の中で、先端部の強化を図っている。これによって、ミスヒット時のリカバリー率も向上しているという。ラインアップは50gのRフクレックス相当の『オレンジ』と73gのSフレックス相当の『ブルー』。ともに工房の在庫負担のない1本取りとなっている。 今回はギアの賢者・ソクラテス 永井延宏プロにテストしてもらった。
    この著者の記事
    動画を撮ってアプリでスイング分析 PRGRのマルチスピードテスター『RED EYES POCKET HS-130_BLE』を使ってみた
    2024年05月14日
    この著者の記事
    全体しなりで身を任せる 『オリジナル』 先がしなっても左に行かない 『JOY365』 HS50m/sで叩いても暴れない
    2024年05月13日
    この著者の記事
    スチールファイバーシリーズにUT専用が登場
    2024年05月11日
    この著者の記事
    インドア施設がゴルフショップ店内にオープン GOLF NEXT 24有賀園ゴルフ西東京店に行ってみた
    2024年05月09日
    この著者の記事
    KBS MAX HL が登場! タメを感じながら驚異的な戻り『40RED』 勝手にしっかりタメて飛ぶ『42WIHTE』 HS50m/sでも叩きにいける『45BLACK』
    2024年05月07日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    朝日ゴルフ Webカタログ 2024
    2024年05月21日
    編集部
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb