1. ニュース

地クラブの神髄 – 中条『KP-01』

ニュース 吉村真

原点回帰――。 四半世紀の歳月を経て、新たな時代を創っていく。『カムイプロ300』のように上級者に向けた『カムイプロ』、そして万能を提供する『タイフーンプロ』――。

その時の流れのなかで、10年ぶりの『カムイプロ』が世に問われる。その名も『KP―01』――。歴史を顧みて、現代の最新技術を駆使する。変わらないことの良さ、変わることの良さ。そこにカムイの神髄がある。

遺風と革新 転ずる意義

四半世紀――。それが史実である。中条の業容が転じた瞬間。メーカーへの変身。世に問われたのが『カムイプロ300』。素材が変わり、新世界への船出の時期だった。土地柄、加賀百万石の殖産興業として発展した金属の業。鍛造で、そして上級者に向けたモデルが「カムイプロ(KP)」だ。以後、『カムイプロ310』『カムイプロ320』『カムイプロV』と系譜を繋ぎ、そして2011年の『カムイプロKP-X』と時代は流れる。

一方で、皆に受け入れられる鋳造の「タイフーンプロ(TP)」が2002年に生を受ける。以後、ブランドは鍛造で上級者に向けた「カムイプロ」と、鋳造で使い手を選ばない「タイフーンプロ」の両輪。そして時流とともに、幅広いゴルファーに好まれる「タイフーンプロ」を求めるゴルファーが多数を成した。

「『カムイプロ』は上級者に好まれ、ゴルファーを選ぶ。翻って『タイフーンプロ』は一発の飛距離。ともに飛距離を追求するものの、その意味するところは異なる」

そう、中条将也が静かに口を開いた。それでも中条が飛びの根本とする理論、「低重心比率60%以下」、「低スピン化」、「飛ぶボールは捉まるボール」ということは両者変わらない中条の拘り。求め方の隔たりが両者の味となる。とはいえ、10年ぶりの『カムイプロ』。何故にいまなのか。

開発に命を懸ける中条恭也が語気を強める。
「新たな時代を創る」――。
過去十余年、もの創りは困難を極める。素材が変わらず、体積にも限りが付けられた。反発性能も抑えられ、重箱の隅を突くことでしか、進化を進められない。故に、過去を顧みて俯瞰し、不全を補う。

「この数年、発売した製品には長所も短所もある。必要十分であるが、敢えていうなら、それはカムイのプロダクトとしては満足ではない。足らないのは遊び心」

これまで半世紀の間、稼業を引きいてきた中条佳市が何度も繰り返す言の葉がある。
「飛ばなきゃ、ゴルフは面白くありませんよ」

ゴルフ規則に雁字搦めにされ、翻弄された歴史。それだけではない。開発したいという欲を鎮めることなく解き放つ。その感情に従えば、相応しく変わることができる。正統派でありながら、新たなプロダクトを提供する。世界は未曽有の新型コロナウイルスに侵され、ゴルフ市場は混沌として実業も思う通りに行かない。しかし、手を拱いていては、存在の意義はない。故のチャレンジから生まれたのが『カムイプロKP―01』。

「そもそも『カムイプロ』がメインのプロダクト。故に、過去を踏襲しつつ、味付けをし、ストーリーを覆していく。それが中条」――。

伝統の形状でありながら、叩けるヘッドでありながら、必要なのは寛容性。時代と共に変わる上級者をターゲットに据える。その中条の開発力が神髄となる。

ボールひとつ分の重量 軽量ということの善

『KP-01』に求めたのは「カムイプロ」の形状であり、上級者が渇望するヘッドのやさしさ。開発の手法は千差万別だが、何を成すにも必要としたのが、常軌を逸した軽さ。それなしには、これまで積上げてきたノウハウも役に立たず、それの軽量化に挑むことも阻まれる。

「当初は付加する重量物以外で150gのヘッド重量を目指した」。

敢えて苦難の道を選ぶんだ。限りない余剰重量を生みだすことがはじめの一歩だった。それが成せれば、「カムイプロ」の姿でありながら、理想の重心の位置も探ることができる。製造の技術も進化している。

「10年前、『カムイプロKP-X』の余剰重量は12gしか生み出せなかった」――。

素材が変わり、加工技術も進歩を遂げた。トライ&エラーが繰り返される。軽さは薄さであり、薄さは鋳造でのチタンの湯流れが影響する。協力工場が音を上げる。それでも諦めることなく、薄く軽くても加工後の金属組織の均一性も求められる。

故に、「鋳造ボディの金型の湯口は多い」――。

常軌を逸した軽さと製造技術の乖離。しかし、開発は実際162gという常識と乖離した目方から始まる。

「成功するのは五分五分。しかし、肉厚が薄いゆえに耐えられない」

素材選びにも拘る。フェースに使えば弾きの強い「DAT55G」。しかし、比重は4.72と重い。選ばれたのは「ジルコニウムチタン」。比重は4.6。鍛造カップフェースで芯を広げるため、フェースの重量は全体重量の多くを占める。

「フェースの素材だけでも、差は4g。だからジルコニウムチタン」

それだけではない。上級者が求める打感。そして弾き過ぎるフェースの抑制。「DAT55G」は、ゴルフ規則の規制内に納まり辛い。それもジルコニウムチタンを用いた理由。吸い付く打感も上級者は重きを置く。

軽さは薄さだ。歴史を振り返れば、過去の「カムイプロ」はフェースもボディも鍛造だった。しかし、変わることを厭わず、『カムイプロKP―01』のボディは鋳造。軽量化を求めて、変化を是とする。それだけはない。ボディは湯流れを鑑み、比重も「6-4チタン」より軽い「Ti811」を採用した。そして、軽量化のためにケミカルミーリングも試みる。幾度となく挫折もあった。それも最終的には幾分かの余剰重量を勝ち取った。

生まれた余剰重量は31g。施せる技術、ノウハウは格段に広がる。そして、その余剰重量を大胆にもヘッド後方外側に配置した。想い描いた重心の位置を創るために。低く、深く――。

ヘッドの外側に重量を配置する不利もある。それはボディの剛性だ。しかし、そこでしか得られない重心位置がある。それは変わりつつある上級者が追い求める飛びの質。それを満たすのが「カムイプロ」の本分。そして上級者と対峙してきた中条の存在意義。そして、新たな飛びを提案する。故に、軽さは善。ひとつの、そして最大の答えだった。

棒球をつかさどる 直線上にある3つの点

カムイのヘッドの理想形は丸い顔。想起するのは太鼓の膜。それが「カムイプロ」の原点。当然、ゲンコツ型の形状でディープフェース、ディープバックのヘッド。だからフェースが占める重量は全体重量の多くを占め、結果、重心は浅くなる傾向が強い。ただ、全くもって浅重心を否定するではなく、

「強い球になるが、寛容性が乏しい。ディープフェース、ディープバックは一見、シビアな道具になるが、その形状を覆す機能的な易しさが必要」

それが軽量化で生み出された31gの余剰重量を「パワーアンカーウェイト」としてソール後方のディープバック部分に配置して低・深重心を実現。ただ、疑問は残る。徹底した低・深重心であるならば、ソールの最後方部が理想のウエイトを配置する場所だ。

「ただし、低・深重心でも上級者が好む棒球も追い求める。それを成立させるためのウエイトの場所」

重要なのは、フェース面上の重心、ヘッド内部重心、そしてディープバックに配されたウエイトの3点を、一直線上に配置する。飛球線のベクトルと、ヘッドが動くベクトルを一致させる。

「これによってボールへの力を余すことなく伝え、より遠くへ運ぶ。そして、寛容性も進化する」

それ故の軽量化であり、余剰重量であり、素材であり、ウエイトの配置である。伝統的な形状のなかで、想い描く重心の位置を実現する。二律背反を覆す。過去にもある。ゲンコツ型だが寛容性の高い『タイフーンプロTD―09D』、そしてシャローフェース、シャローバックだが強弾道の『タイフーンプロTP―09S』。愛好者や工房が知る、姿と性能の不一致。面白みでもある。

元来、ゲンコツ型は操作性に長けている。さらには、浅重心はエネルギー効率が高い。その常識に逆らい、深い重心でも飛距離を求める。それはカムイの、そして中条に課せられた責務。浅重心と異なる初速の創り方。それを実現したのが『カムイプロKP―01』。

加えて、深い重心特性はヘッドの慣性モーメントを増大させる。ミスヒットに強い。3点を一直線上に配して、ヘッドの挙動を安定させる。

「上級者でも最近は、余計な挙動を嫌うゴルファーは多い。大型ヘッドにあったスイングに変わってきた事情もある」

ただ、これまで培ってきたノウハウ、技術力を駆使してもなお、ゴルファーには分かりやすい性能表現が求められる側面もある。

「ウエイトの場所は、重心角にも影響する。24度の重心角は叩くと程よく捉まる。意識せずとも自ずとフェースはスクエアを向く。ゴルファーにアレコレ考えさせることなく」

時代の流れとともに、ゴルファーも変わる。それに応じて理論も変わる。変わることの善、変わらないことの善。いま新たな時代が始まろうとしている。

蜂巣と窪み 強靭なボディ

一方で、31gのウエイトはボディの外側に配置されている。故に、ボディの剛性が懸念される。ウエイトが配されたディープバック部分の肉厚は0.5㍉。軽量化を目指した故の厚さでもある。そこに31gのウエイトは、衝撃を助長する。そこへの答えが蜂巣。ハニカム構造。ウエイトの周辺に蜂巣型の構造を散りばめる。

「隙間なく余地を埋めるのが蜂巣の構造。構造的に強靭で、受ける力の分散力も高く、衝撃を吸収する」

サッカーのゴールネットは、その昔、網の形が四角形だった。ゴールが決まるたび、衝撃が加わり破れやすかった。それ故、六角形の蜂巣型に変わった。同じ理屈に通底する。それによって、ボディの剛性が増し、翻って31gの外殻のウエイトが成立する。

また一方で、ハニカム構造は他所にも配置された。クラウンの裏側である。軽さを追い込む上で、ボディだけではなく、クラウンにも仕事をさせた。0.5㍉のクラウンは、その薄さ故に貧弱。そこに先のハニカム構造をクラウンの裏側に施す。結果としてボディの剛性も向上する。

そして、フェース側のソールに配された二つの窪み。長い溝ではない。

「左右というのが肝。横方向のボディの剛性を強めて、ミスヒット時の振動を抑え、弾道の方向性を修正する」

エネルギー保存の法則。振動はエネルギー、そして音。そこからボールへと伝わるべき力が漏れる。伝わるべきパワーが漏れれば、「カムイ」の伝統である飛距離は実現できない。ボールの潰れも良い塩梅になる。そして、飛びを感じさせる打音を生み出す。余剰重量を生み出して、絶技を練ってもボディの弱さが表れれば、上級者が望む空を切り裂く飛び姿、そして爽快感は夢物語。四半世紀に続くもの創りのノウハウ、歴史は泡と化す。そして存在意義も消える。

故に、新たな挑戦が求められてきた。

「低重心系で飛ばすのが、それこそが『カムイプロ』。そして、思いついたらやってみる。どうなるのか? それが中条カムイだし、それがそもそもの『カムイプロ』」――。

原点回帰だけでは、単なる回顧の念。過去に戻り、俯瞰する。らしさを追い求めながら、培った技で新たな時代を創る。それが『カムイプロKP―01』。敢えて『01』とした。

始まりである。そして、生まれ変わった「カムイプロ」。その形が、『カムイプロKP―01』が世に問われる。群雄割拠の現代で、創業半世紀余りの老舗の底力は、想像をはるかに超える。そこに、『カムイプロKP―01』に、誰にも模することのできない神髄がある。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 工房探訪 グリーンターゲット 好む打感が振りやすさ 接着剤が微調整を演出する

  • 立体的なネック形状が美しさと構えやすさを両立20周年アニバーサリーモデルが登場

  • 工房探訪 ゴルフ工房バーン 元美容師のクラフトマンは 右脳左脳を使ってギアを診る

  • 工房探訪 アフターゴルフ 県内1位の身近な成績で集客力UP

関連記事

  • 山口県のゴルフ場発「1人乗り乗用カート」が旧弊をぶっ壊す

  • 工房探訪 グリーンターゲット 好む打感が振りやすさ 接着剤が微調整を演出する

  • 北海道の地場大会「MR茨戸」にゴルフ活性化のヒントあり

  • 部門別 売れ筋ランキング(2020年10月)

  • 大型ヘッド+ワイドソール設計でショートゲームに自信をもたらす『MACK DADDY CB ウェッジ』

  • 立体的なネック形状が美しさと構えやすさを両立20周年アニバーサリーモデルが登場