• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 日本シャフトの『レジオフォーミュラMB+』で高初速が出るか試してみた

    大矢晃弘
    1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。 中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。 ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。 自分が発信する記...
    SNSでシェアする
    日本シャフトは1月15日、ウッド用カーボンシャフト、『N.S.PRO Regio Formula MB+(レジオフォーミュラMB+)』(5万5000円)を発売する。 それに先駆け11月下旬、茅ヶ崎ゴルフ倶楽部にてメディア、関係者向け試打会を開催。7ホールを借り切りポイントごとで新製品を試打できる仮想ラウンドの形式で約50人の関係者にシャフト性能を訴求した。 今作の『レジオフォーミュラMB+』は「高初速」がテーマ。果たして非力ゴルファーの筆者でも打てるのか? 試打した感想をレポートする。

    『レジオフォーミュラ+』シリーズとは?

    日本シャフトと言えば「スチールシャフト」というイメージを持つゴルファーも多いかもしれないが、同社はシャフトメーカーでは稀な、スチールとカーボンの両方を作っている総合シャフトメーカーだ。 『レジオフォーミュラ+』シリーズは同社のカーボンシャフトのフラッグシップモデルで、既に昨年『レジオフォーミュラB+』と『レジオフォーミュラM+』の2モデルが発売されている。 主な製品特長としては、シャフト全長に「T1100G」と「ナノアロイ」に加えて7軸を搭載。さらに、モデル別に最適箇所に9軸をドッキング。計16軸組布にすることによって、偏平復元力の大幅な向上を達成。シリーズ史上最速の「つぶれ戻り」がボール初速を高め、低スピン化も実現している。
    あわせて読みたい
    『N.S.PRO MODUS³』とのより繊細なマッチングを実現 『N.S.PRO Regio Formula +(プラス)』新登場
    2019年05月04日 18時43分
    この著者の記事
    飛距離と寛容性を兼ね備えた アベレージゴルファーに魅力的な軟鉄鍛造アイアン
    2024年02月26日
    この著者の記事
    最先端ツールを駆使したパター PING『PLD』ミルドパター
    2024年02月23日
    この著者の記事
    トッププロが求める打感を具現化 進化した『TOUR B X/XS』登場
    2024年02月21日
    この著者の記事
    飛んで止まるは当たり前 タイトリストから『プロV1x レフトダッシュ』新登場
    2024年02月14日
    この著者の記事
    しっかりとした振り抜きと強弾道を実現 『Diamana WB』ゴルフシャフト
    2024年02月13日
    → もっと見る
    タグ
    日本シャフト
    thumb
    thumb
    コロナ明けで実現したW杯
    2024年02月25日
    小林忠広
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    書籍発売のお知らせ
    2024年02月20日
    編集部
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb