1. ニュース

JGTO2021年ツアーは24試合 「選手の営業」で新規大会獲得

ニュース 片山哲郎

日本ゴルフツアー機構(JGTO)は25日、2021年度のツアー日程を発表した。これによると来季は24試合で、今年予定されていた25試合(コロナ禍により国内開催5試合)から1試合減。「賞金未定」の大会も2試合含まれており、「SMBCシンガポールオープン」と「ANAオープン」が開催か否かを調整中。今なお不透明感が漂っている。

ちなみに「賞金未定」を除く22試合の総額は27億1180万円で、1試合の平均は1億2300万円超。2020年の予定総額(32億6060万円)が平均1億3000万円超だから、単価下落も起きている。

具体的なスケジュールは以下の通り。

4月 東建ホームメイトカップ、関西オープン、中日クラウンズ

5月 ジャパンプレイヤーズ選手権by RICHARD MILLE、アジアパシフィックオープンダイヤモンドカップ(海外ツアー共催)、ゴルフパートナープロアマ、ミズノオープン

6月 日本ゴルフツアー選手権森ビルカップ、ダンロップ・スリクソン福島オープン

7月 日本プロゴルフ選手権、ISPS HANDAガツーンと飛ばせ!

8月 長嶋茂雄招待セガサミーカップ、Sansan KBCオーガスタ

9月 フジサンケイクラシック、Shihan Donghaeオープン(海外ツアー共催)、パナソニックオープン、バンテリン東海クラシック

10月 ブリヂストンオープン、日本オープン

11月 マイナビABC選手権、三井住友VISA太平洋マスターズ、ダンロップフェニックス、カシオワールドオープン

12月 日本シリーズJTカップ

新規大会は「ISPS HANDA」と「ジャパンプレイヤーズ選手権」の2試合だが、後者はスイス製高級時計のリシャール・ミルがスポンサー。宮里優作が同社と契約を交わす縁で大会の開催を持ち掛けて合意、初の選手会主催大会となったもの。

コロナ禍による景気の不透明感でスポンサーの大量離脱が懸念されるなか、「選手の営業」で実績を作った。これ以外のスポンサーも大半が継続の意思を示したことで、安堵感が漂っている。

ただ、過去の隆盛期と比べて長期低迷の印象は否めない。男子ツアーのピークは1982年の46試合で、AONの黄金期とバブル景気の入り口が重なっていた。以後、1990年には44試合など安定的に40試合台を維持。往時の経済環境を考えれば、単純に比較することはできないが、スポンサー頼みの体質は今も昔も変わらない。

ちなみに今年開催された国内5試合の賞金総額は5億8750万円。これを平均的な出場選手数120名で割ると1人当たり489万円となり、ツアーレベルの選手でも容易に稼げない一年だった。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山哲郎

片山哲郎

1962年8月3日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の代表取締役社長兼編集長として、ゴルフ用品産業及びゴルフ界全般の動向を取材、執筆。2014年4月から3期6年、日本ゴルフジャーナリスト協会会長(現顧問)

ほかに武蔵野美術大学特別講師(ゴルフビジネス論)、インタラクティービ(J:COM)番組審議会委員、大学ゴルフ授業研究会理事、ゴルフ市場活性化委員会マーケティング委員(各現任)

信条は「人の至福は健康で長生きすることであり、これに寄与できるゴルフは『善』である。善なるゴルフ産業が健全発展するために、建設的な批判精神をもち、正確、迅速、考察、提言を込めた記事を書く」――。

この人が書いた記事  記事一覧

  • JGTO2021年ツアーは24試合 「選手の営業」で新規大会獲得

  • 激安販売に終止符か? ゴルフクラブ安売り競争の鎮静を探る

  • 「ゴルフ愛」で事業をつくるGDOの経営術

  • 若者ゴルファー激増は本当か? 業界各所を総力取材

関連記事

  • 松山英樹のクラブ選びはここから始める 「プロもアマも見た目が9割」

  • 石岡ゴルフ倶楽部など4コースがPGMグループとして運営開始

  • ツアーを席捲する『VENTUS BK(ベンタス・ブラック)』が日本上陸!!

  • 『ドクター水素ボトル』&ホタテの貝殻を使った除菌剤『BIG MOA』

  • ゴルフシミュレーターが超高齢社会の主役に躍り出る!

  • 感染予防に配慮し た足踏みペダル式ボトルスタンド