• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • スリリング『ギアチェンジ』発売

    吉村真
    1974年生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国、台湾、米...
    SNSでシェアする
    スリリングは1月8日、ダウンスイングでコックがほどけてしまうゴルファーをメインターゲットとした新感覚シャフト『GearChenge (通称 : ギアチェン) 』(6万円) を発売した。 同社のセカンドステージ“スポーツライン” 第一弾となる 『ギアチェン』 は、手元剛性の軟らかさを通常のシャフトより長めに伸ばして、ダウンスイングでコックがほどけてしまうプレーヤーでもタメが作れ、インパクト時にギア加速を促すようなシャフトに仕上げているという。また、ワクワクするサーキットでの躍動感あふれるデザインを施し、もう一段ギアを入れ直して加速するクラブモーメントを演出するという。 これまでの「ハルカナ」「アオサキ」「カゼトモ」はデザインを強調したアートラインを“ファーストステージ”と位置付け、セカンドステージはデザイン=性能を含めたパフォーマンスを強調していくという。 具体的には特徴は大きく3つ。先述の通り、タイミングの取りやすさと加速感を生み出すため、手元剛性をできるだけ緩やかに、かつ長めにとることで切り返しのタイミングが取りやすい設計。また、コックのリリースが早いタイプのプレーヤーにも加速感を演出するという。 さらに、フィッティングデータを基にした最適剛性=実証と、気持ちのいい振り抜き=感覚を両立させた設計意図がプレーヤーのポテンシャルを最大限に発揮。これは従来のシャフトより手元部から中間部にかけてなるべく穏やかに傾斜する剛性分布にすることで軟らかさを持たせ、これによりヘッドの位置を体感できインパクトにかけ一気に振りぬくことが可能になるという。 また、今回のセカンドステージ第一弾『ギアチェン』は、カーレースの加速感と躍動感にインスパイヤされデザインで、プレーヤーのモチベーションを高めることを目的にデザイン。情熱の赤、歓喜の黄、自信の橙、正義の白をタイポグラフィで配色。本体色の深いブルーが深慮を演出し、冷静なプレーと楽しさを広げるラウンドを提供したいという。 お問い合わせ:スリリング TEL 048-971-7920 価格:6万円
    この著者の記事
    『GOLF NEXT 24』のワイムシェアリングがスコアエントリー方式の 復興支援チャリティコンペが開催中
    2024年06月18日
    この著者の記事
    マイカスタム第10回 高反発と低振動シャフトで飛距離への執着を捨てた
    2024年06月01日
    この著者の記事
    動画を撮ってアプリでスイング分析 PRGRのマルチスピードテスター『RED EYES POCKET HS-130_BLE』を使ってみた
    2024年05月14日
    この著者の記事
    全体しなりで身を任せる 『オリジナル』 先がしなっても左に行かない 『JOY365』 HS50m/sで叩いても暴れない
    2024年05月13日
    この著者の記事
    スチールファイバーシリーズにUT専用が登場
    2024年05月11日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb