1. ニュース

2020年の新規ゴルファーに聞く始めた理由。98%以上がWithコロナ時代もプレーしたい

ニュース 浅水敦

ゴルフダイジェスト・オンライン(以下GDO)は、2020年4月以降(コロナ禍)にゴルフを始めた、または再開した新規GDO会員を対象にアンケートを実施した。

調査対象は2020年4月1日~10月11日に、GDO会員登録を行なった新規会員、期間は2020年10月21日~10月25日で調査はインターネットによる回答。調査人数は1095人となった。

◆今年4月以降にゴルフを始めた、または再開したきっかけとして、新型コロナウイルス流行は関係しますか?

その結果は「コロナ流行は関係ない」と回答した人が47.5%で最も多かったが、それを除く半数以上は何らかの形で、ゴルフを始めた(再開した)きっかけとして新型コロナウイルスの影響があったと回答する結果となった。影響を示唆する回答のうち最も
多かったのは、「屋外スポーツなので感染リスクが低いと思った」で29.8%。 「他のレジャー・アクティビティができなくなった」ことを影響として挙げる回答者も11.0%いた。

◆今後もゴルフを続けていきたいと思いますか?
2020年にゴルフを始めた新規顧客のみを対象に、プレーの継続意向を尋ねたところ、93.4%が「続けたいと思う」と回答した。これに、「どちらかといえば続けたいと思う」と回答した4.9%を合せると、実に98.3%の高い割合でゴルフの継続意向を示す結果となった。

コロナ禍にゴルフを始めてからポジティブに感じたこととしては、「もっと上達したいと思った」が86.4%で最も多く、続いて「ナイスショットをしたときの満足感や爽快さを感じた」が74.5%、「ストレス解消・心のリフレッシュになった」が41.8%という結果となった。(※複数回答)

反面、継続についての不安や障害については、「ラウンドにお金がかかる」(76.4%)、「ラウンドまでの準備にお金がかかる」(62.7%)などの金銭面や、「思うように上達しない」(31.8%)ことなどを挙げる回答が目立った。(※複数回答)

多くのゴルフ場が感染拡大の施策を適切にとったこともあって、比較的安全なレジャーとしてゴルフを始める人は増加。ゴルフの価値が世間から見直される一方で、ゴルフを続けるための障害要因に従来から指摘され続けている課題が並び続けている現状も浮き彫りになる調査となった。ニーズの高まりを受けたWithコロナ時代のゴルフ業界には、より一層の価値観刷新が求められるのかもしれない。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 朝日ゴルフ栗山萌さん、河村真潮さん。笑顔と愛嬌は営業女子には最強の武器です!

  • 2020年の新規ゴルファーに聞く始めた理由。98%以上がWithコロナ時代もプレーしたい

  • 「女子プロ×ピンクリボンスペシャルチャリティマッチ」開催。収益金125万 をがん協会に贈呈も

  • 気象データを使いゴルフコース管理する「楽天GORAターフマネジメントサービス」を提供開始

関連記事

  • 朝日ゴルフ栗山萌さん、河村真潮さん。笑顔と愛嬌は営業女子には最強の武器です!

  • 「女子プロ×ピンクリボンスペシャルチャリティマッチ」開催。収益金125万 をがん協会に贈呈も

  • アコーディア・ゴルフ「来場ポイント2%還元キャンペーン」開催

  • ルール限界を狙う! 攻めの『マジェスティロイヤル』

  • 気象データを使いゴルフコース管理する「楽天GORAターフマネジメントサービス」を提供開始

  • 「長太郎カントリークラブ」クラブハウスがリニューアルオープン