1. ニュース

あの「ソナテック」が再び上陸! ドライバーヘッド『TDⅡ』が発売

ニュース 吉村真

アドラージャパンはこのほど、「ソナテック」ブランドよりドライバーヘッド『TDⅡ』を発売する。「ソナテック」といえば、過去ロイヤルコレクションの海外戦略モデルとして米国市場を中心に一世を風靡。特にFW、UTが、メジャートーナメント制覇に寄与したこともあるブランドだ。

今回の『TDⅡ』は初代から6年ぶりのリニューアル。とはいえ、過去の設計思想にとらわれず、やさしいヘッドというポジションだ。

最大の特徴は、弾道調整機能スリーブを採用し、ソールにはトゥとバックフェースの頂点の間に可変式ウエイトを装着。ヘッドの重量は188~198gまで調整可能で、クラブ長も幅広く対応し、ボールのつかまりも調整できるヘッドだという点だ。

ウエイトは標準装備が4・5gで、その他オプションとして1・5g(アルミニウム、1000円+税)、3・0g(ステンレス、1000円+税)、5・0g(タングステン、1000円+税)、7・0g(タングステン、1200円+税)、9・0g(タングステン、1200円+税)が用意されている。それによってヘッドの重量を調節することで、ゴルファーにマッチしたクラブ長に幅広く対応するとともに、ボールのつかまり具合も調整可能だ。

また、重心距離が長めで重心深度は浅め。フェースプログレッションが多いので打ち出し角は高くなり、「高弾道、ロースピンで飛ばす」がキーワードになっている。

同社の測定によると、
■重心角:18度
■重心距離:40・1ミリ
■重心深度:33・4ミリ
■軸線深度:14・8ミリ
■FP:17・7ミリ
■フェース面上重心高:35・3ミリ
(重心深度はFPと軸線深度をたしたもの)となっている。

また、重心距離が長めにもかかわらず、重心深度を必要以上に長くしていないので操作性が良いことも特徴だという。
再上陸したソナテックの『TDⅡ』ドライバーヘッド。工房流通の台風の目となりそうだ。

お問い合わせ:アドラージャパン TEL 079-595-1112


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • KBSの世界観を体験!豊かな人生を提供し、R&D拠点としても活躍

  • あの「ソナテック」が再び上陸! ドライバーヘッド『TDⅡ』が発売

  • ミズノゴルフグローバル戦略モデルを拡充「ST-Z」「ST-X」ドライバー発売

  • PRGRマルチスピード測定器「RED EYES POCKET HS-130」新発売

関連記事

  • KBSの世界観を体験!豊かな人生を提供し、R&D拠点としても活躍

  • LEXIA(レクシア)ILシリーズ|アマチュアのアイアンショットの問題点を改善するシャフト

  • ミズノゴルフグローバル戦略モデルを拡充「ST-Z」「ST-X」ドライバー発売

  • 強靭なしなり『プラチナムスピーダー』リニューアルされたモデルを試打

  • STM、国内生産でも勝てる「長浜工場」竣工 今こそ日本の強い「現場」を

  • 『RBZ SPEEDLITE』幅広いゴルファーにハイバリュークラブセットが誕生!