• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 「PGA会員専用」の求人情報はこちら

    強靭なしなり『プラチナムスピーダー』リニューアルされたモデルを試打

    浅水敦
    1971年東京(板橋区)生まれ、埼玉育ち。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開発営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)...
    SNSでシェアする
    藤倉コンポジットの『スピーダー』シリーズの長尺用シャフト『プラチナムスピーダー』がリニューアルされました。 重量帯が増え今回30g台が新たに追加。60g台、50g台はS、Xの展開ですが、40g台だとSRからはじまってS、X、30g台だとRからはじまってSR、S、Xと非常に幅広い展開です。 リニューアルされた『プラチナムスピーダー』を永井プロに試打解説してもらう。
    永井延宏プロ
    永井延宏プロ
    1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

    動画で解説

    素材、設計で長尺を新たなステージへ押し上げた『プラチナムスピーダー』

    素材、設計で長尺を新たなステージへ押し上げた『プラチナムスピーダー』 シャフトの特性としては、今回90tの高弾性繊維を使っているとのことなのでシャフト全長のレスポンスがいいこと。 また、プリプレグ、芯金の形状を見直すことによって、樹脂を少なくしてシャフトを作ることができるようになったこと。素材と設計のダブルで長尺用のスピーダーらしさを出している。それが『プラチナムスピーダー』の特徴になってきます。
    プラチナムスピーダー 5x試打データ 5x 試打データ
    まずは「5X」を打ってみましたが、シャフトのしなり戻りがハッキリしているのが特徴です。 『プラチナムスピーダー』の場合は、長尺特有のムチっぽい感じはないですね。トップからの切り返しでバット側に過重がかかってきた後、インパクトゾーンに入って二段ロケットのイメージというか、ミッドのところがスパーンと入ってくる感じがあります。 そして、シャフト全体の剛性感の強さだけではなく、先端部の剛性感も出ていますので、ヘッドが直線的に入っていって真っすぐ当たる方向性の良さがあります。
    プラチナムスピーダー 3x試打データ 3x 試打データ
    「5S」、「4X」に続き、「3X」をテストしてみましたが、この重量帯にしての剛性感にはちょっとびっくりですね。剛性感が強くシャフトがスイングについてきてくれる感じがすごくあります。 藤倉の30g台といえば『エアスピーダー』があり、こちらは軽く振れるしなり系。しかし『プラチナムスピーダー』はしっかり感が出てきますので、私がアクセルを踏んでもシャフトがついてきてくれる。 素材、設計で長尺を新たなステージへ押し上げた『プラチナムスピーダー』 あとは、昨今慣性モーメントが大きい重たいドライバーヘッドが出てきていますが、これに軽量シャフトを装着すると振り難いものになってしまうことが多い。 しかし『プラチナムスピーダー』くらい剛性がしっかりしていれば、重めのヘッドでも負けない強さを持っています。大きな慣性モーメントも活かせる軽量ドライバーを組み上げることが可能になるでしょう。全く新しい30g台のシャフトの誕生といえますね。
    この著者の記事
    毎年開催、話題の「TURF DESIGNディスプレイコンテスト」に込めた想い
    2024年07月11日
    この著者の記事
    兵庫県三田市ゴルフ協会7つのシールを集めて満願成就 ゴ朱印めぐりスタンプラリー開催
    2024年07月08日
    この著者の記事
    ステップゴルフとザ・プレミアムバックステージが業務提携
    2024年07月07日
    この著者の記事
    PGMがナイターゴルフ8コース記念キャンペーン開催中
    2024年07月06日
    この著者の記事
    ゴルフ場内のグランピング施設 セレスト山東でキャンペーン開催
    2024年07月04日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb