1. ニュース

LEXIA(レクシア)ILシリーズ|アマチュアのアイアンショットの問題点を改善するシャフト

ニュース 浅水敦
LEXIA(レクシア)ILシリーズ|アマチュアのアイアンショットの問題点を改善するシャフト

『ループ』というシャフトで評判のシンカグラファイトから新しいブランド『LEXIA(レクシア)』が登場した。

まずはアイアンシャフトから展開して、先々ウッド用シャフトも発売する予定とのこと。今回はアイアンシャフトを永井プロにテストをしてもらった。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

動画で解説

シンカグラファイト初のアイアンシャフト

LEXIA(レクシア)ILシリーズ|アマチュアのアイアンショットの問題点を改善するシャフト

シンカグラファイト初のアイアンシャフト『レクシア』を手にとってまず感じるのは、作り込みがしっかりしていること。ロングからミドル番手とショート番手でエリア分け設計を取り入れています。また、ウェイトも50g、60g、70gの3つの重量帯で展開しています。

この『レクシア』は、ゴルファーのあと5ヤード飛ばして止めたいという願望を叶えるシャフトとして登場しました。

私も生徒さんといっしょに回っていて、あと5ヤード飛んでいればグリーンにオンしていたのに、という場面を多く見てきました。それだけに期待が膨らむコンセプトです。

ロング~ミドル番手とショート番手で設計を変える意味

ロング~ミドル番手とショート番手で設計を変える意味

エリア分け設計の考え方ですが、ロング~7番にかけてはLTとシャフトに書いてあって、これはライトゾーンを意味します。

また、8番~ウエッジまでのショート番手にかけてはHVとシャフトに書いてあり、これはヘビーゾーンを意味します。

ショート番手というのは重量があった方が振りやすい。一方、ロング番手は軽い方が振りやすくなります。この特徴を踏まえて、『レクシア』は7番アイアンを境にウェイトを分けている。これはすばらしいことだと重います。

まずは、『IL7』は手にしてみましたが、重量感がありますね。そして、中間部のところに重量感を感じるというか、バランスポイントがわりと手前の方にあると思います。

手元の方が緩そうな感じなのでタイミングが取りやすいシャフトだと感じます。では、打ってみましょう。

LEXIA IL7 試打データ
LEXIA IL7 試打データ

やはりスイングしてみると手にした時の印象通り、中間部の重量を感じます。

テイクバックがしっかり上がって切り返しでゆっくりみたいな挙動がでやすい、言い換えると、アイアンらしい動きをしやすいと感じます。そして、ハンドファーストでロフトが立った形で厚いインパクトができる印象がありますね。

その分弾道が抑えられて距離も出ました。アイアンらしい挙動を導てくれるシャフトだと思います。

LEXIA IL6 試打データ
LEXIA IL6 試打データ

続いて『IL6』。重量帯は少し軽めになっていますが、『IL7』と同様、中間部に重量を感じます。

やはり打ってみても中間部の重さがスイングをリードする感じが出てくるので、インパクトロフトが立つというかハンドファースト気味の挙動が自然に出てくる。

この辺りがプラス5ヤードというところのシャフトの導きなのかなと思います。

LEXIA IL5 試打データ
LEXIA IL5 試打データ

そして『IL5』。一番軽いシャフトで軽さは感じるものの、やはり中間部に重量感というかしっかり感があります。

あとは積層の感じなのか、少しシャフトが細身になった印象もあるので、それが挙動にどう影響するのか、打って確かめたいと思います。

打ってみると、『ダイナミックゴールド』と挙動が似ていると感じがしました。これだけ重量は軽くなってきたのですが、タイミングの取りやすさやインパクトに入っていく感じを50gのシャフトで出せるのは驚きですね。

アマチュアのアイアンショットの問題点を改善するシャフト

アマチュアのアイアンショットの問題点を改善するシャフト

以上、『レクシア』のアイアン用カーボンシャフトシリーズを打ってみました。アマチュアゴルファーのアイアンショットで何が起きているのか、それを研究しているシャフトだと思いました。

アマチュアゴルファーのアイアンショットの問題点というのは、身体とクラブの一体感というのが解けてクラブがリリースから外れていってしまうこと。

そうすると遠心力がボールに向かわずに時計の針で言うと7時半の方向に逃げてしまう。エネルギーロスを起こしてしまうわけです。

そして、もう一つは身体が左回転してエネルギーを作っているのに対してクラブは右回転をしてしまっていること。

要するにフェースが開いてしまっている状態になります。みんなフェースが開いていることは分かっているので、フェースを戻す練習をしてしまうのです。

アマチュアのアイアンショットの問題点を改善するシャフト

その結果、リーディングエッジはスクエアに入りますが、インパクトロフトが寝てしまうので距離が出なかったりボールが上がり過ぎるミスになるわけです。

それを『レクシア』は改善してくれるというか、中間部の重さがクラブをリードして身体の回転とクラブの一体感を作ってくれ、ハンドファーストに当たりやすい。この辺りの技術感が上手く引き出されているような気がしました。

そういった意味で一番驚いたのは『IL5』。通常、50g台というと今アベレージゴルファーの人が使う中心的なタイプだと思いますが、振りやすさを訴求しているせいか先端が動くシャフトが多いですね。それはある意味、クラブが解けてしまった動きを補正して振りやすさやつかまりやすさを出しているのですが、そこにパワーはないわけです。

『IL5』は、50g台のシャフトにも関わらず、身体とクラブの一体感が一番ありました。普通、こういう軽いシャフトを打つと身体が反応しないのですが、『IL5』は一番身体が反応してハンドファーストも一番強かった。一番軽いシャフトで一番アイアンらしいスイングができたというのは今まで体験したことのない世界です。

ナイスショットといってボールがバンカーに消えてしまった人がピンの根元にズドンと打てるシャフトだと思います。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の注目記事を受け取ろう

LEXIA(レクシア)ILシリーズ|アマチュアのアイアンショットの問題点を改善するシャフト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • スミス、シェイデン ゴルフ流通での展開を本格スタート

  • しなり戻りがわかりやすい『モンスターシャフト』大型ヘッドが上手く打てない人にも合う

  • 福山ゴルフ『F-1 F FORGED ウエッジ』バンス16度でバンカーショットがやさしくなる

  • BERES-PUTTER P303/P308 発売開始

関連記事

  • ピン契約の永野竜太郎が、「全英オープン」出場権を獲得!

  • ゴルフ場で地元小学校の卒業イベント

  • PRGR新シリーズ「LS」と「PRGR IRONS 05」を永井延宏プロが徹底検証

  • アーティザンアイアン、まもなく発売か!? マイク・テーラー突撃インタビュー

  • 松山英樹優勝記念「NEW スリクソン Z-STAR XV」ボール 数量限定発売

  • 全米OPはDAZNでライブ中継が決定