1. ニュース

『MC PUTTER』日米共同開発でモデルチェンジ フィーリングの良さと安定したストロークを実現

ニュース 浅水敦

藤倉コンポジットでは、「しなり」と「操作性」を併せ持つアイアン用シャフト『MCI』のパター専用シャフトとして2017年に登場した『MC PUTTER(エムシー パター)』を日米共同開発モデルとしてモデルチェンジ。

硬さはSMOOTH/スムース(柔らかめ)、FIRM/ファーム(硬め)、X︲FIRM/エクストラファーム(さらに硬め)の3種類をラインナップし、4月15日より発売を開始した。

今回発売した「Mc PUTTER」は、アメリカ市場での評価も高く、国内外からのニーズを反映させたエクストラファーム(さらに硬め)を新たにラインナップに追加。設計面では、グリップ下の形状を改良し、より安定したストロークが可能になったという。

■製品概要
〇Rubber Composite Technology(RCT)
ゴム特有の振動減衰性を活かし、衝撃吸収を最⼤限に発揮させることに成功した技術。長年のゴム配合・加⼯技術により、カーボンとゴムを複合化させることに成功。インパクトによるシャフトの振動を抑え、クリアな打感を実現した。

〇Metal Composite Technology(MCT)
MCIシリーズで定評のあるフジクラシャフトの特許技術。カーボンの設計⾃由度を最⼤限に発揮するための重心調整技術を採用。

先端に金属管を手元に銅箔シートを積層することで最適な重心調整と滑らかな剛性分布設計により、フィーリングの良さとコントロール性の高さを両立したという。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 二木ゴルフ大宮店 内田一樹店長に聞く SIM2 SIM2 MAX SIM2 MAX-D ドライバーの商材価値とは

  • エッジワークス、フェアウェイ専用シャフト2タイプ、硬度10種類を一挙投入

  • 「LIFE&TURF」オンコースから日常までプレー と生活をシームレスにつなぐアパレルコレクション

  • 場面に合わせ、スピンと弾道を最適化 『T//WORLD-W』新登場

関連記事

  • 二木ゴルフ大宮店 内田一樹店長に聞く SIM2 SIM2 MAX SIM2 MAX-D ドライバーの商材価値とは

  • TK2『TYPE-SⅡ』~「包み込む」「つかまる」「逃がす」「操作性」 ゴルファーの微妙な要望に応える~

  • 練習場でもコースでも簡単スイングチェック! コールマン社コラボスタンド

  • 藤本技工『FG-101CB FORGED』~ゴルファーが大満足の軟鉄鍛造アイアン 打感、形状、弾道のバランスは秀逸~

  • 世界ゴルフ選手権公式デザインのキャディバッグを数量限定発売

  • 3D金属プリンターでパターを作る現場を突撃取材