• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 座りが変わる魔法のUT『JBEAM J-UT』発売

    吉村真
    1974年生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国、台湾、米...
    SNSでシェアする
    JBEAMブランドを展開するジェージーイーはこのほど、ソールのヒール側に装着されたプレートの方向を180度を入れ変えることによってソールの座りやボールのつかまり具合が変わるUT『JBEAM J -UT』を発売した。 クラブのカテゴリーでは盤石なポジションを築いているUT。アイアンと比較してボールがつかまり、球が上がりやすく、多くのアマチュアのスコアメイクに寄与している。一方で、多くの上級者もUTを多用する時代になった。 しかし、「やっぱり、上級者にはボールがつかまり過ぎる傾向が強いと思います。上級者でもやさしいクラブを使う傾向も強くなってきた一方で、UTはボールがつかまり過ぎるので使いにくい面は否めなかったと考えたのが、開発の起点となりました」 それを解決するには、これまでは工房などでソールのヒール側の肉を削り取るしかなかった。それをプレートの位置を入れ替えることで、出っ張りを作ったり、凹ましたりでソールの座りを変化させ、アドレス時のフェースアングルでクローズとオープンの2種類を1つのヘッドで可能にした。初期設定オープンマイナス1度からプラス1度にアングルが変えられる構造だ。 この構造によって、ボールがつかまり辛いアマチュアゴルファーでも、やさしいクラブを使いたくてもつかまり過ぎることでUTを使用できなかった上級者にも対応できる魔法のUTが誕生したといえるだろう。 もちろん、「JBEAM」のウリである飛距離性能も忘れていない。フェースにはハイパーマレージングを採用して、UTであっても飛距離性能の向上を目指している。 ラインアップは#U3=ロフト角18度、#U4=21度、#U5=24度となっている。 価格はヘッド単価3万8500円となっている。
    この著者の記事
    『GOLF NEXT 24』のワイムシェアリングがスコアエントリー方式の 復興支援チャリティコンペが開催中
    2024年06月18日
    この著者の記事
    マイカスタム第10回 高反発と低振動シャフトで飛距離への執着を捨てた
    2024年06月01日
    この著者の記事
    動画を撮ってアプリでスイング分析 PRGRのマルチスピードテスター『RED EYES POCKET HS-130_BLE』を使ってみた
    2024年05月14日
    この著者の記事
    全体しなりで身を任せる 『オリジナル』 先がしなっても左に行かない 『JOY365』 HS50m/sで叩いても暴れない
    2024年05月13日
    この著者の記事
    スチールファイバーシリーズにUT専用が登場
    2024年05月11日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb