1. ニュース

『ボーケイ フォージドウエッジ』を新発売

ニュース 片山三将

アクシネット ジャパン インクが展開するブランド「タイトリスト」は、世界のプロツアーで使用率No・1を誇るボーケイ・デザイン ウエッジより、『ボーケイ・デザイン VOKEY FORGEDウエッジ』を2021年4月23日より発売した。

NEW VOKEY FORGED ウエッジは、マスタークラフトマンであるボブ・ボーケイがその経験と知識を注ぎ込み完成させた、日本専用モデルの鍛造ウエッジ。フェースプロファイルやグラインドバリエーションを、日本のゴルフ環境に対して最適化。信頼のスコアリングパフォーマンスで、ベストスコアの達成に大きく貢献する。

【自信をあたえるフェース形状】
リーディングエッジを丸みのある形状にすることで、スクエアでもフェースを開いても使いやすい、自信を持って構えることができるフェースプロファイルに進化。ギャップウエッジ(48度~52度)は、ブレード長はそのままにサイズアップすることで、アイアンとのつながりを向上させている。

【グラインドバリエーションがさらに充実】
多種多様なアプローチ技術が要求される日本のコース環境に対応するため、Mグラインドを50度・52度にも採用。さらに三日月形状のフラット・ワイドソールのBグラインドを58度・60度に初採用している。

【F GRIND】
ソール全面で高いバウンス効果を発揮。あらゆるスイングタイプ、ライコンディションに対応。

【B GRIND】
リーディングエッジの浮きを抑えるフラットソール。開いた時にバウンスを感じやすい。

【M GRIND】
トゥとヒールを大きく削り、フェースを開くプレーヤーに適したグラインド。

【K GRIND】
ソール幅が広く、フェースを開かなくても高いバウンス効果を発揮。バンカーやラフからの脱出を容易に。

【フォワードCGを全ロフトに採用】
タイトリスト独自のCO -FORGING(複合素材同時鍛造)製法でロフト・バウンス・グラインド毎に重心を最適化。浅重心設計(フォワードCG)をすべてのロフトに採用することで、スクエアインパクトに導きアプローチの安定性を高める。

【イメージ通りにピタリと止める】
ロフト毎に幅と深さの異なる2つのミルドグルーブ(溝)を採用。ボールとフェースのクリーンなコンタクトを実現し、目標エリアにピタリと止まる「ドロップ&ストップ」を実現する。

【BV105】
マスタークラフトマン ボブ・ボーケイが検証を重ねてデザインした、ボーケイ・デザイン ウエッジ専用の軽量シャフト。

ウエッジに求められる、距離の打ち分け、弾道の高低、適正なスピンパフォーマンスを実現。軽量シャフトを装着したアイアンにベストマッチし、ボーケイウエッジのスコアリングパフォーマンスを最大限に引き出す。

■ヘッド素材:軟鉄、チタン、タングステン・ニッケル
■ヘッド製法:精密ハイテクノロジー鍛造
■ヘッド仕上げ:ツアークローム
■価格:BV105 3万3000円(税込)、N・S・PRO 950GH neo 3万3000円(税込)、Dynamic Gold 3万3000円(税込)

問い合わせはアクシネットジャパンへ、0120-935-325。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 松山英樹優勝記念「NEW スリクソン Z-STAR XV」ボール 数量限定発売

  • キャロウェイ、ウェブサイト・公式オンラインストアをリニューアル

  • 『ボルビック ビビッド Happy Father’s Day Pack』ゴルフ好きのお父さんへ

  • トゥルーテンパー『スチールファイバー』スチールとカーボンのメリットを併せ持つシャフト

関連記事

  • ピン契約の永野竜太郎が、「全英オープン」出場権を獲得!

  • ゴルフ場で地元小学校の卒業イベント

  • PRGR新シリーズ「LS」と「PRGR IRONS 05」を永井延宏プロが徹底検証

  • アーティザンアイアン、まもなく発売か!? マイク・テーラー突撃インタビュー

  • 松山英樹優勝記念「NEW スリクソン Z-STAR XV」ボール 数量限定発売

  • 全米OPはDAZNでライブ中継が決定