1. ニュース

ツアーサポートの舞台裏「トーナメントプロのグリップ管理」

ニュース 長瀬 貞之
ツアーサポートの舞台裏「トーナメントプロのグリップ管理」

今回はツアー現場における、プロのグリップについてお話いたします。

近年、急増しているクラブ契約フリーの選手ですが、メーカーが契約選手を絞っているケース、そしてメーカーによってクラブの性能差が一部のクラブでおこるために、敢えてプロ側からフリーになる場合があります。

クラブ契約がないフリーの選手にとって、グリップは自分で注意を払う必要があることを説明していますが、これは一般のゴルファーでも十分に気をつけていただきたいことですので、今回取り上げることといたしました。

ツアーサポートの舞台裏「トーナメントプロのグリップ管理」

プロの場合は、自分の使用するグリップメーカーの品番とサイズ、及びバックラインのある無しは当たり前として、注意すべきは各メーカーで使う下巻テープのメーカーや種類と、作業を担当される方の癖があることを注意することです。

具体的には、Aメーカーで入れたグリップとBメーカーではシャフトは同じだが太さに違和感が出る場合とか、あるいは担当クラフトマンの癖で数社のメーカーを使用する場合、バックラインのある場合では多少の向きが異なるケースも生まれます。

クラブフリーの選手の場合では、使用する下巻テープの指定、および巻き方の指定、バックラインがある場合は自分の使用しているクラブに合わせてほしいと、サンプルクラブを渡すことが重要となってきます。

ツアーサポートの舞台裏「トーナメントプロのグリップ管理」

当社のツアーサポートバスでは 下巻テープにバッファロー、日東、セキスイの3社を使用して、指定があれば巻き方も指定の巻き方で準備しています。特に、バックラインのあるグリップはできるだけ一気に入れることと、微調整をなるべくしないで済むように、バックラインが波打たないように装着しています。

今回はクラブフリーの下川めぐみ選手のグリップ交換でしたが、4社のクラブ全部を一か所でグリップ交換することで、統一性を持たせることができました。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

ツアーサポートの舞台裏「トーナメントプロのグリップ管理」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

長瀬 貞之

長瀬 貞之

1954年生まれ 成城大学1976年卒業 
1979年 マグレガーゴルフジャパン セールスマネージャープロダクトマネージャーを兼任
1987年 フィラジャパン設立メンバーとして参加 
1989年 タイトリストリストジャパン(現アクシネットジャパン) 設立メンバーとして参加 シニアマネージャーとして営業・商品開発・広告販促・ツアーサービスをまとめる。
2001年 有限会社ビー・ヒット 設立
執筆業務 業界誌「ゴルフ用品界」で「ツアーサポートの舞台裏を見る!」を連載中

この人が書いた記事  記事一覧

  • 合うシャフトの思い込みに注意〜プロも陥るフィッティングの落とし穴〜

  • 同一重量帯でしなりが少し多めのフレックスから試すことが重要

  • ツアーサポートの舞台裏「クラブの中で急に重さの違いを感じたら 事故が起きる可能性が大きい!?」

  • ツアーサポートの舞台裏「トーナメントプロのグリップ管理」

関連記事

  • ヤマハが「インスタ女子」キャンペーン

  • T//WORLD GSプロトタイプモデルが誕生!

  • ゴルフボール「XXIO REBOUND DRIVE」を新発売

  • ムジークからウレタン5層構造のボール 『2HEAVEN UX5』登場

  • プレー人口激減期(18-23問題)とゴルフ場4

  • KBSがアイアン用グラファイト『KBS MAX グラファイト』を先行発売