• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • プレー人口激減期(18-23問題)とゴルフ場(1)

    北徹朗
    <現職>武蔵野美術大学身体運動文化教授・同大学院博士後期課程兼担教授、サイバー大学IT総合学部客員教授、中央大学保健体育研究所客員研究員、東京大学教養学部非常勤講師 <学歴>博士(医学)、経営管理修士(専...
    SNSでシェアする

    もっと考えられるべき「ゴルフ場での遊び方」

    月刊ゴルフ用品界2020年8月号への寄稿『コロナ禍と大学授業−ゴルフ授業再開へ向けてのガイドライン−』に対して大きな反響を頂いた。タイトルに掲げたコロナガイドラインよりも、併せて論じた『ゴルフの本質論』への反響が大きかった。つまり、これまでの「市場活性化策」や「プレー人口増加策」は本質的ではない、という指摘であった。 過去約20年に渡り「ゴルフで社会性を身につけよう」とか「ゴルフをすれば認知症に効く」等々、本質論から外れた内容が掲げられることが多かったが、一時的には賑やかされても「市場活性化(プレー人口増加)」という目標には遠く及ばず減少が止まることはなかった。 当時の論考では、【手段としてのゴルフ論】や【何かの目的の下請け的発想のゴルフ論】ではなく、ゴルフそのものが「楽しい」、「またやりたい」と思えるような環境整備(画一的なプレースタイルの改善)をまず考えるべきであることを提案した。
    あわせて読みたい
    コロナ禍と大学授業 ―ゴルフ授業再開へ向けてのガイドライン―
    2020年08月03日 03時05分
    この著者の記事
    真冬のゴルフ:寒冷環境下での健康リスクと予防方策
    2024年02月02日
    この著者の記事
    ゴルフの持続可能性を高めるための6つの観点
    2023年12月31日
    この著者の記事
    プレー人口激減期(18-23問題)とゴルフ場(第30回)「18-23問題」を総括する
    2023年12月04日
    この著者の記事
    プレー人口激減期(18-23問題)とゴルフ場(第29回)18ホールラウンド(4時間30分:270分)のうち、打っているのは2-3分
    2023年11月07日
    この著者の記事
    プレー人口激減期(18-23問題)とゴルフ場(第28回)紫外線指数(UVインデックス)が『極端に強い』領域に日本は突入 来夏は暑さ対策だけでなく「紫外線対策」が必須
    2023年10月03日
    → もっと見る
    thumb
    thumb
    thumb
    コロナ明けで実現したW杯
    2024年02月25日
    小林忠広
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    書籍発売のお知らせ
    2024年02月20日
    編集部
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb