1. ニュース

ツアーサポートの舞台裏「クラブの中で急に重さの違いを感じたら 事故が起きる可能性が大きい!?」

ニュース 長瀬 貞之

5月5日(水)
さて、今回は鈴木麻綾プロのウエッジシャフトの重量についてです。

今回の相談で90ヤード以内の距離が非常に難しいとの相談が発端でクラブを調べてみることとにしました。

鈴木麻綾プロはショット力を武器にバーディーを量産できるプロとして評価されていましたが、ここ2年ほど90ヤード以内のショットがうまくいかずスコアメイクに悩んでいるとのことでした。

ショットを見るとアイアンは好調でしたが、バーディーを量産したい100ヤード以内のショットが芝生に深く食い込んだり、薄い当たりが続く状態でした。

使用するクラブを見せていただくとアイアンのシャフトとウエッジのシャフトの重量差が30g 程度あり、ウエッジシャフトの重量が重すぎるために、ダウンスイングで突き刺すような下ろし方をしていたようです。

鈴木プロ使用中のマックダディ

今回は日本シャフトのツアー担当である石橋氏にも確認していただき、アイアンのシャフトに合わせるようにウエッジのシャフトは少し重量を持たせたいので『モーダス105S』にリシャフトして使用することにしました。

リシャフトを完了したウエッジを試してもらうと、アイアンと同じスイング感覚となったことで、ダウンスイングでターフは取れるものの、以前のような突き刺さるショットは影を潜めて、すごく楽に振ることができるようになりました。鈴木麻綾プロにも改めてシャフトの重量フローが重要だと認識してもらうこともできました。

DG200とモーダス105S

★一般ユーザーでも、クラブのシャフト重量フローを無視したセッティングをされている方を多く見受けます。話題の新型クラブを手に入れたものの、店頭在庫にあったシャフトが軽かったりすることで、同じクラブを続ける練習場ではうまく打てるのですが、ラウンド中にクラブセッティングの中で急に軽い(重い)クラブが出てくることで、大きな事故を引き起こすケースが多いように思われます。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

長瀬 貞之

長瀬 貞之

1954年生まれ 成城大学1976年卒業 
1979年 マグレガーゴルフジャパン セールスマネージャープロダクトマネージャーを兼任
1987年 フィラジャパン設立メンバーとして参加 
1989年 タイトリストリストジャパン(現アクシネットジャパン) 設立メンバーとして参加 シニアマネージャーとして営業・商品開発・広告販促・ツアーサービスをまとめる。
2001年 有限会社ビー・ヒット 設立
執筆業務 業界誌「ゴルフ用品界」で「ツアーサポートの舞台裏を見る!」を連載中

この人が書いた記事  記事一覧

  • 合うシャフトの思い込みに注意〜プロも陥るフィッティングの落とし穴〜

  • 同一重量帯でしなりが少し多めのフレックスから試すことが重要

  • ツアーサポートの舞台裏「クラブの中で急に重さの違いを感じたら 事故が起きる可能性が大きい!?」

  • ツアーサポートの舞台裏「トーナメントプロのグリップ管理」

関連記事

  • ヤマハが「インスタ女子」キャンペーン

  • T//WORLD GSプロトタイプモデルが誕生!

  • ゴルフボール「XXIO REBOUND DRIVE」を新発売

  • ムジークからウレタン5層構造のボール 『2HEAVEN UX5』登場

  • プレー人口激減期(18-23問題)とゴルフ場4

  • KBSがアイアン用グラファイト『KBS MAX グラファイト』を先行発売