1. ニュース

タイトリストに続き テーラーメイドが 韓国資本へ

ニュース 浅水敦

「タイトリストに続き、テーラーメイドも韓国資本になるとは思わなかった」―。

5月11日、タイガー・ウッズをはじめ、世界トップランカーが契約する米・テーラーメイド社の買収先が発表された。17億ドル(約1850億円)で競り落としたのは、韓国の投資会社セントロイド・インベストメント・パートナーズだった。

2011年5月には、フィラコリアが「タイトリスト」「フットジョイ」を持つアクシネット社を12万2500万ドル(約135億円)で買収しており、米のビッグネームを韓国資本が立て続けに手中に収めた形だ。

テーラーメイドは2017年5月、親会社のアディダスの事業再編により、KPSキャピタル・パートナーズへ4億2500万ドル(約463億2500万円)で売却された経緯がある。この間、ブランド投入サイクルの見直しをはじめ、マークダウンに品とのカニバリや適性在庫化に取り組み利益体質を強化。世はコロナ禍で、空前のゴルフブームが沸き起こっているが、水面下で売却交渉を重ねた結果、僅か4年間で4倍の売却益を得た計算になる。

「テーラーメイド米国本社の経営体制、日本での運営に変更はありません」(テーラーメイド ゴルフ 高橋伸忠アジアディレクター)

というが、北米市場だけでなくベトナム、中国といったアジア市場への攻勢が一層強まるというのが業界の一致した見方だ。

なお、日本市場では2022年以降、ボールフィッティングを足掛かりにボール市場のシェア獲得へ努める方針を明らかにしている。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「オールドオーチャード ゴルフクラブ」が PGMグループ入りへ

  • 約2億通りの『My SIM2』 受付開始

  • ゴルフ場にプロレス特設リング!? 男子ゴルフに一石を投じたISPS

  • タイトリストに続き テーラーメイドが 韓国資本へ

関連記事

  • 「オールドオーチャード ゴルフクラブ」が PGMグループ入りへ

  • 約2億通りの『My SIM2』 受付開始

  • キャメロン・チャンプ選手がPGAツアーで優勝!

  • ゴルフ場にプロレス特設リング!? 男子ゴルフに一石を投じたISPS

  • 初心者ゴルファーサポート企画

  • ゴルフにも使える! シダスからラン専用ソックス発売