1. ゴルフ関連製品

合うシャフトの思い込みに注意〜プロも陥るフィッティングの落とし穴〜

ゴルフ関連製品 ニュース 長瀬 貞之
合うシャフトの思い込みに注意〜プロも陥るフィッティングの落とし穴〜

プロも陥るフィッティングの落とし穴。ヘッドが変わればシャフトも変わる!

さて今回は下川めぐみプロの登場です。

下川めぐみプロは長年クラブフリーでトーナメントを戦ってきましたが、この度、三嘴コーチとの出会いで一度バラバラになりすぎたクラブセッテイングをもう一度見直すこととし、統一メーカーのクラブヘッドにして、シャフトもグラファイトデザインのご協力で、シャフトの選定作業を行うことになりました。

合うシャフトの思い込みに注意〜プロも陥るフィッティングの落とし穴〜

ベテランプロでもクラブフリーの選手がよく陥る内容で、我々アマチュアもプロ同様に、自由にクラブを選びすぎることで、陥る内容は程度の違いこそあれ、同じようなことだと思われます。

ヘッドメーカーが変わっても、「私には、このシャフトが合う」―。

という「思い込み」、「決め付け」がまず危険な判断だと思います。クラブメーカーの設計意図によっては、ヘッドの重心距離や重心深度や重心高さ、またフェースプログレッションの違いによって、同じシャフトがすべてにマッチングするというのはあり得ないからです。

今回はピンさんのヘッド提供で一から、どのシャフトが合うのかを一日がかりで探るフィッティングです。

合うシャフトの思い込みに注意〜プロも陥るフィッティングの落とし穴〜

まずはピンのヘッドで、下川プロがオーダーした従来から使用しているシャフトのテストデータを図り、それから数種のシャフトからベストマッチングのシャフトを探る状況です。

実績のあるベテランプロの選択シャフトですが、テストデータ上は下記の表のように変更がなされました。

UT用シャフト、ウエッジ用はそのまま同じシャフトの選択で、アイアン用が新しい同スペックモデルに変更。

ウッド系は下川プロが選んだMJではなく、テストの結果はaG33シリーズにチェンジとなりました。

使用クラブのメーカーチェンジやヘッドモデルの変更は、シャフトのフィッティングに注意が必要! 我々はプロ以上に時間をかけるべきですね。


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

合うシャフトの思い込みに注意〜プロも陥るフィッティングの落とし穴〜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

長瀬 貞之

長瀬 貞之

1954年生まれ 成城大学1976年卒業 
1979年 マグレガーゴルフジャパン セールスマネージャープロダクトマネージャーを兼任
1987年 フィラジャパン設立メンバーとして参加 
1989年 タイトリストリストジャパン(現アクシネットジャパン) 設立メンバーとして参加 シニアマネージャーとして営業・商品開発・広告販促・ツアーサービスをまとめる。
2001年 有限会社ビー・ヒット 設立
執筆業務 業界誌「ゴルフ用品界」で「ツアーサポートの舞台裏を見る!」を連載中

この人が書いた記事  記事一覧

  • 合うシャフトの思い込みに注意〜プロも陥るフィッティングの落とし穴〜

  • 同一重量帯でしなりが少し多めのフレックスから試すことが重要

  • ツアーサポートの舞台裏「クラブの中で急に重さの違いを感じたら 事故が起きる可能性が大きい!?」

  • ツアーサポートの舞台裏「トーナメントプロのグリップ管理」

関連記事

  • ゴルフ界のファストファッション『ACEANDRARE』初の展示会

  • キャンピングトレーラーの導入と自習室・サロンの新設により全世代が利用可能な総合スポーツ施設へ

  • カーボンフェースのメリットとは? テーラーメイド『ステルス』『ステルス プラス』『ステルス HD』を発表

  • 超コンパクト 高機能な新世代スタンドバッグ、キャロウェイCE- 01 Stand 21 JM CE

  • 高慣性モーメント設計でやさしくまっすぐ打てる『ゼクシオブレードパター』

  • 『ゼロプラス シューズケアシリーズ』発売