1. ニュース

ミズノプロに飛び系素材を採用 『221』『223』『225』発売

ニュース 室井 大我

ミズノは10月15日、『ミズノプロシリーズ』は新たにマッスルバック形状の『ミズノプロ221』、競技ゴルファー向けの『ミズノプロ223』、ホットメタルブレード形状の『ミズノプロ225』を発売する。モデル名の最初の二けた「22」は2022年モデル。下一桁は1→3→5という流れで、数字が大きくなるにつれて易しいアイアンを表している。

同社が「ザ・マッスルバック」と称する『ミズノプロ221』は、過去に米PGAツアーで評価が高かった『MP‐64』をベースに開発された。ロング・ミドルアイアンでも高弾道を実現し、ショートアイアンではスピン性能を向上させ低弾道でピンを狙える性能を具現化。またヘッド形状、サイズを改良。トップエッジを厚く見えないようにグラインドを施し、ヘッド全体がよりコンパクトな顔にリデザインされている。

『ミズノプロ223』は新フローマイクロスロット構造を採用。ソール部分に番手毎に異なる幅のポケットを作ることで番手別の最適化設計を実現した。

また、ミズノプロのアイアンでは初めて『JPXー921フォージド』にも使用されていたクロムモリブデン鋼( クロモリ) を素材として新たに導入し、反発係数が0・816に高めた。

さらにフェースを0・2ミリ薄くすることで中空で高弾道と飛距離性能を実現し、エリートゴルファーが望む操作性・打感の良さを維持しながら飛距離性能を追加。さらなるハイパフォーマンス設計となっている。

『ミズノプロ225』は海外で高評価だった『MP‐20HMBホットメタルブレード』をベースにクロモリと新コアテックフェースを導入し、ミズノ史上最も反発性能の高いアイアンという位置づけだ。

また、従来のブレードアイアンとは異なる重心位置によってロング・ミドルアイアンでも高弾道を、そしてショートアイアンは低い打ち出しで高スピンを実現。

#4~#8はステンレスボディにクロモリのフェース素材、#9~PWは軟鉄鍛造と飛びと軟鉄の打感の良さを共存させたセット構成ととなっている。

価格は以下の通り。
■ 『ミズノプロ221』(6本組):13万2000円~
■ 『ミズノプロ223』(6本組):13万8600円~
■ 『ミズノプロ225』(6本組):13万8600円~


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

室井 大我

室井 大我

1996年7月8日生まれ、静岡県出身
高校・大学をゴルフ部に所属
住宅リフォームの営業(一般住宅やマンション)を経て2021年9月 株式会社ゴルフ用品界社入社。
ゴルフ暦は18年、ベストスコアは64。私が発信する記事を通じて、ニッチなスポーツと思われがちなゴルフ業界を盛り上げたいと思ってます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • あのエッグスプーンが復活、今度はブラックで低音設計

  • ミズノプロに飛び系素材を採用 『221』『223』『225』発売

  • ヤマハが「インスタ女子」キャンペーン

関連記事

  • ゴルフ場と自治体の「町興し協定」

  • リサイクル素材を使用したサステナブル な「スタンスミス ゴルフ」

  • ゴルフ観戦にも使える! スワロフスキーの最高級双眼鏡

  • FootJoy史上最軽量“スゴ軽、超フィット”シューズ登場

  • あのエッグスプーンが復活、今度はブラックで低音設計

  • プレー人口激減期(18-23問題)とゴルフ場5