• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • TOUR AD 2022年 NEW モデル 「TOUR AD UB」登場

    大矢晃弘
    1982年7月24日生まれ、神奈川県出身。 中央大学卒業後、俳優としてテレビや映画に出演してきた経歴を持つ、異色の記者。 ゴルフをこよなく愛し、2018年5月株式会社ゴルフ用品界社入社。 自分が発信する記...
    SNSでシェアする
    グラファイトデザインは10月、プロゴルファーをはじめ多くのゴルファーから絶大な信頼を誇る「TOUR AD」ブンドから、2022年モデル『TOURAD UB』を発売する。 『TOUR AD UB』シリーズは、現在の大型・高慣性モーメントのヘッド性能をさらに活かし、ボールにパワーをダイレクトに伝えるシャフト。 高強度・高弾性炭素繊維「トレカ®M40X」を先端から先中部に、「トレカ®T1100G」を先端部に使用し先端~先中部の剛性を高めることにより、ヘッドの無駄な動きを抑え、強く叩けるインパクトを実現したという。 高剛性化によりシャフトのねじれを抑えたエネルギーロスの無い強いインパクトとスローテーパー設計によるタイミングの取りやすいシャフト挙動が特長という。そのスローテーパー設計について、同社では次のように述べている。 「弊社はシャフトの特徴によって、スローテーパー、ファストテーパーという設計をしています。スローテーパーは『DI』や『XC』のように手元がしなるタイプで、どちらかというと手元が細くテーパー比率が少ない設計です。 ファストテーパーは、『VR』や『HD』のようにやや手元が太く、テーパー比率が高く先が走る特徴です。簡単にいうと手元から中間~先端にかけてのテーパーの具合です。 タイミングの取りやすさは、ゴルファーそれぞれですが、トップからダウンにかけてゆとりのあるゴルファーは、スローテーパーのシャフトが合うと思われます」 『TOUR AD UB』は、手元がしなりやすく、タイミングのとりやすいタイプといえるだろう。 グラファイトデザイン 0494ー62ー1170
    この著者の記事
    最先端ツールを駆使したパター PING『PLD』ミルドパター
    2024年02月23日
    この著者の記事
    トッププロが求める打感を具現化 進化した『TOUR B X/XS』登場
    2024年02月21日
    この著者の記事
    飛んで止まるは当たり前 タイトリストから『プロV1x レフトダッシュ』新登場
    2024年02月14日
    この著者の記事
    しっかりとした振り抜きと強弾道を実現 『Diamana WB』ゴルフシャフト
    2024年02月13日
    この著者の記事
    2種類の速度を練習できる! 3パット撲滅パターマットを解説
    2024年02月11日
    → もっと見る
    thumb
    コロナ明けで実現したW杯
    2024年02月25日
    小林忠広
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    書籍発売のお知らせ
    2024年02月20日
    編集部
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb