• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • キャロウェイ新モデル『PARADYM』は、業界初の360°カーボン骨格を採用

    編集部
    SNSでシェアする
    キャロウェイゴルフは1月13日、2月下旬に発売する最新クラブ『PARADYM(パラダイム)』シリーズを都内会場で発表した。

    発表会の様子を動画でアップ

    そもそも製品名の「パラダイム」とは、“それまで当然と考えられていた物の見方や考え方が劇的に変化する”という意味の「Paradigm shift(パラダイムシフト)」から命名された。 ダークブルーを基調とした色使いが高級感を演出。4モデルがラインアップされた。 ひとつは2019年2月発売の『EPIC』に採用された、ヘッド後部にスライド式ウエイトを搭載した標準ヘッドモデルの『パラダイム』。次に、高い打ち出し角でわずかにドローバイアスの『パラダイムX』。軽量のアジアモデル『パラダイム マックスファスト』。そしてスピン量と打ち出し角が低い『パラダイム トリプルダイヤモンド』。 フェース周辺とウエイトのある後部を除くヘッド中央部は全てカーボン素材となっており、軽量化によって創出された余剰重量を最適配分する設計により慣性モーメントを最大化。やさしさと飛距離性能を追求している。

    気になる『パラダイム』シリーズの主な特徴とは?

    前作『ROGUE ST』シリーズとの違いは何なのか?以下に解説する。 ① 業界初の360°カーボンシャーシ 飛距離を最大化するために前例のない重量配分を達成するため、トライアクシャルカーボンクラウン(3軸カーボン製)に加え、フォージドカーボンソールを組み合わせた新機軸の100%カーボン複合材で結合。その結果、チタンシャーシよりも約44%軽量化に成功。余剰重量をクラブヘッドの前方(ボールスピードの促進)、および後方(慣性モーメントアップ)に極端に配置したことにより、ボールスピードと安定性の両立に成功した。 そもそもシャーシとは、枠組みや骨格を意味する言葉で、クラウンからソール部までの360°全体がカーボンの骨格をしているという意味。同社独自の一体成型ボディとなる。 ② 新ジェイルブレイクAIテクノロジー 2017年に発売した『EPIC』シリーズから受け継がれている「ジェイルブレイクAI」の最新版は、2本の柱から1本のYの字に変更したことにより約25%の軽量化に成功。ボディ剛性を高めながらもフェースの柔軟性を高め、安定性とボールスピードがアップする設計。 ③ 新AIフラッシュフェース 強度と弾性力に優れる「鍛造FS2Sチタン」を採用したフェースは、これまで同社おなじみのAI解析によってボール初速・スピン量・打ち出し角という飛びの3要素を最適化していたが、今作ではインパクト時でのフェースのズレからなる着弾地点のブレ幅を抑えるアルゴリズムを追加。高初速エリアを拡大し、コントロール性能を向上させた。 ④ 新フェースカップ 同社のフェアウェイウッドやユーティリティ、アイアンに搭載されていた「フェースカップテクノロジー」をドライバーに初採用。ボールの初速性能が向上し、さらなる飛びを実現。 ⑤ 新アジャスタブル・ぺリメーター・ウエイティング スタンダードモデルの『パラダイム』ドライバーでは、ヘッド後部に13.5gのペリメーターウエイトを搭載して、前作よりも慣性モーメントが大きく向上している。ウエイトの調整位置により、弾道を自分好みに調節できる。

    今回は4モデルをラインアップ

    『パラダイムドライバー』(460cc) ロフト:9°、10.5°、12°  スタンダードで幅広いプレーヤーに対応。ヘッド後部に13.5gのペリメーターウエイトを搭載したことで、前作よりも慣性モーメントが向上。またペリメーターウエイトの調整により、好みの弾道に調節できる。 『パラダイムXドライバー』(460cc)ロフト: 9°、10.5°、12°  高慣性モーメントで、高弾道で飛ばせるやさしいタイプのドライバー。ややドローバイアスで、ドロー気味で飛ばしたいゴルファーに最適。 『パラダイム マックスファストドライバー』(450cc)ロフト:9.5°、10.5°、12°  同シリーズでもっともドローバイアスが強く、高い打ち出し角を実現。ヘッド後部には約5gのウエイトを搭載。ヘッドは安心感のある丸型形状。軽量で楽に飛ばせるモデル。 『パラダイムトリプルダイヤモンドドライバー』(450çc):ロフト: 8°、9°、10.5°  ヘッドサイズが450ccでやや小ぶり。ディープな洋ナシ形状で操作性と低スピン性能に優れ、思い切り叩ける。またヘッド後部に約14gのウエイトを搭載しており、2つを入れ替えることでスピン調整ができる。 上記以外にもフェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンが各3モデル。消費者ニーズにフルセットで応えている。

    気になる価格は?

    ■『PARADYM』 価格:9万6800円(税込) シャフト:「VENTUS TR 5 for Callaway」 ■『PARADYM X』 価格:9万6800円(税込) シャフト:「VENTUS TR 5 for Callaway」 ■『PARADYM MAX FAST』 価格:9万6800円(税込) シャフト:「SPEEDER NX 40 for Callaway」 ■『PARADYM ♦♦♦』※CALLAWAY SELECTED STORE限定 価格:9万6800円(税込) シャフト:「TENSEI 55 for Callaway」 カスタムシャフトは11万6600円(税込)~で、前作比約1万円アップとなっている。
    タグ
    #キャロウェイ
    #新製品発表会
    #PARADYM
    #西村優菜
    #Callaway
    #パラダイム
    thumb
    thumb
    thumb
    コロナ明けで実現したW杯
    2024年02月25日
    小林忠広
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    書籍発売のお知らせ
    2024年02月20日
    編集部
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb
    thumb