• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 「PGA会員専用」の求人情報はこちら

    PGMのTOB「不成立」で一時休戦

    編集部
    SNSでシェアする
      注目されたのは、旧村上ファンド系の投資会社レノがアコーディア株を約18%保有。その動向次第でTOBの成否が決まる展開になっていたこと。同社が応じなかったことが、不成立の最大要因とみられている。   ただ、PGMとアコーディアは、将来的な統合の可能性を全面否定しているわけではない。「今回は不成立に終わったものの、大手2社が協力することで業界の発展に寄与することが統合の目的。仮に先方が話し合いのテーブルに着くのなら、透明性の高いプロセスで検討していきたい」(PGM広報)。「TOBの発表以後、株主に応募しないよう呼びかけてきたのは、不当性が否めなかったから。統合自体を否定してきたわけではない」(アコーディア広報)――。   両社とも、今後に含みを残すコメントを出している。一連の経緯でアコーディアの筆頭株主となったレノの動向を含め、今後の成り行きが注目される。
    タグ
    アコーディア
    PGM
    TOB
    経営統合