1. ニュース
  2. ゴルフ場

PGMのTOB「不成立」で一時休戦

ゴルフ場 編集部

 
注目されたのは、旧村上ファンド系の投資会社レノがアコーディア株を約18%保有。その動向次第でTOBの成否が決まる展開になっていたこと。同社が応じなかったことが、不成立の最大要因とみられている。
 
ただ、PGMとアコーディアは、将来的な統合の可能性を全面否定しているわけではない。「今回は不成立に終わったものの、大手2社が協力することで業界の発展に寄与することが統合の目的。仮に先方が話し合いのテーブルに着くのなら、透明性の高いプロセスで検討していきたい」(PGM広報)。「TOBの発表以後、株主に応募しないよう呼びかけてきたのは、不当性が否めなかったから。統合自体を否定してきたわけではない」(アコーディア広報)――。
 
両社とも、今後に含みを残すコメントを出している。一連の経緯でアコーディアの筆頭株主となったレノの動向を含め、今後の成り行きが注目される。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • REALSPECGOLF、店舗移転のお知らせ

  • IOMIC、本社移転のお知らせ

  • 日本ゴルフコース設計者協会、事務局移転のお知らせ

  • METALFACTORY 2019 – メタルファクトリーWebカタログ

関連記事

  • 暴走事故と免許返納「シニアゴルファー問題」をPGM田中社長語る

  • ゴルフ場の課題は人材難 業界のメンテナンス力向上を目指す『 PGM CMアカデミー』

  • イ ボミがボディタッチしてくれた! 『PGMゴルフアカデミー銀座』のレッスン会

  • PGMが銀座に約180坪のインドア開業 5つの目的を田中耕太郎社長が熱弁

  • 業界全体のメンテナンス力向上を目指す『第13回PGM CMアカデミー』開催

  • アコーディア・ゴルフ 社長交代 新社長に平林朗氏