• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 新生『我孫子』がグランドオープン

    編集部
    SNSでシェアする
      同倶楽部は、日本人によるゴルフ場設計の草分けと言われる赤星六郎氏が手掛けた現存する数少ないコース。同氏が米留学時代に触れた、米国の東海岸のクラシックコース、特にドナルド・ロス氏設計のコースから強い影響を受けたというもの。   今回のコース改修は開場100周年を見据えて実施されたもので、我孫子の長い歴史の中でも類を見ない大幅な変更となった。改修に当たってのポイントは、赤星氏の設計思想を守ることを基本としながらも、昨今のクラブやボールの進化に対応するべく、新時代に通用する戦略性を持たせること。かなり難しいミッションだったが、その改修を手掛けたのが、米国で年間最優秀設計家賞の受賞歴もあるブライアン・シルバ氏と、彼のイメージを具現化する第一級のシェイパーとの呼び声高いカイ・ゴールビー氏。両氏の来日は改修期間中13回に及んだという。我孫子への思い入れの強さが伝わってくるエピソードだ。実際、   「初めてコースを見た時に感銘を受けました。そこで元々の素材を変えず、コースにバラエティを持たせることを念頭に置いて改修に臨みました。特に注意を払ったのが、グリーン(2グリーンから1グリーンへ変更)のアンジュレーションで、全く新しく戦略性に富んだものになったという自負があります。同時に、様々なスキルのゴルファーに楽しんでもらうため、レベルに合った複数の攻略ルートを各ホールに取り込みました」(シルバ氏)   プレーした印象としては、やはり我孫子名物のバンカーが随所に点在しており、ティーショットからセカンドショットにわたって、かなりプレッシャーがかかる。そしてグリーンはアンジュレーションに富み、乗ったからといって安心はできない。距離も200ヤードほど延ばされ6912ヤードとなり、飛ばし屋でも簡単にはスコアメイクできないレイアウトだ。世界に誇れるチャンピオンコースの誕生といえるだろう。   なお、我孫子ゴルフ倶楽部への問い合わせは、04-7182-0111まで。
    タグ
    我孫子ゴルフ倶楽部
    青木功