1. 『インプレスX』が5戦3勝

『インプレスX』が5戦3勝

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 294 Views

「浜松はヤマハの本拠地なので、ここで勝ちたかった」―。

と話すJ・チョイは、昨シーズンからヤマハと契約。今大会最終日は、9アンダー3位タイでスタートし、7バーディ、ノーボギー65をマーク。通算16アンダーとし、逆転で日本ツアー初優勝を遂げた。

それにしても、5戦3勝とは波に乗っている。

販売状況についても、

「昨年よりも上向きです。おかげさまで2012年モデルはスタート奪取することができました」(ゴルフHS事業部平川達也マネージャー)

と、好調だとか。

プロ契約によるトップダウン効果でマーケットへ浸透させる――。

その実際の効果について、二木ゴルフ草加店手塚秀樹店長に話を聞いてみた。

「プロの用具使用率と購入率は密接に関わってきますね。今季の男子ツアーは、ヤマハ契約の選手が活躍していますが、なかでも藤田寛之プロが勝った週は、同社製品がよく売れました。ヤマハ=藤田のブランドイメージがゴルファーへ認知されている証しでしょう。ヤマハさんは、元々しっかりしたモノ作りを行っているメーカーですし、契約選手の活躍により製品力が認知されてきた、という印象です。店頭で薦めやすいブランドのひとつに数えられると思います」

と話している。

*画像提供:JGTO

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 三菱ケミカル2018 Webカタログ – Diamana、KUROKAGE、FUBUKI

  • グローバルゴルフメディアグループ、事務所移転のお知らせ

  • グローブライド、役員人事に関するお知らせ

関連記事

  • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

  • 藤田寛之も絶賛 勝つために進化したヤマハ RMX。新しい時代に突入へ

  • “探求主義”も”合理主義”も、ヤマハで自分の最大飛距離を手に入れろ!!

  • 藤田寛之も驚く新契約選手5名の顔ぶれ プロ戦略加速で一気呵成のヤマハ

  • ヤマハ飛びに自信の『インプレス』は、あのクラブより飛ぶんです!

  • ヤマハ、新生ぶっ飛びインプレスに自信