1. ニュース
  2. メーカー

スリクソン、韓流美人を囲い込み

メーカー 編集部

 
では、なぜ韓流女子か?理由はいたって明白。狙いは韓国におけるボールのシェアアップに他ならない。
 
同社は世界第3位の市場といわれる韓国で、『XXIO』などクラブの販売が好調だが、目下の課題はボール事業だ。140億円、年間500万ダース(ともにゴルフ用品界社調べ)と推定される同国のボールマーケットは、タイトリストの『プロV1』がシェア5割超えと圧倒的な強さを誇る。『XXIO XD』も一定の評価はあるものの、『プロV1』に大きく水をあけられているのが現状だ。
 
プレミアムディスタンス系ではNO.1の『XXIO XD』のマーケティングはシンプル。サンプルボールを配り、その性能を実感してもらうこと。中身で勝負だ。
 
一方、プロラインのボールは、性能に加えてイメージが重要。ツアーからの情報発信力が成否のポイントだ。『プロV1』とガチンコ勝負する以外に方法はない。特に、男子よりも人気の高い女子プロの使用は、韓国では正攻法となる。
 
今回迎え入れたスタッフプレーヤーの顔ぶれにも、その本気が伺える。最高峰のステージで頂点に立った朴インビ、韓国では美人プロのツートップといわれるイ・ボミとキム・ハヌル。話題にならないわけがない。『スリクソンZ-STAR』の顔として、申し分ないスタッフと手を結んだ。
 
実際、「この2人と契約したことで、シェアは5%上がるでしょう」とは現地関係者の印象で、ゴルフショップでもどんなプロモーションを仕掛けてくるのか、興味津々だ。
 
昨年は、プレミアムボールの販売が不調に終わった。特に、日本ではその傾向が顕著。アジアも似た現象ではあるが、市場が微増を続ける韓国はチャレンジした分だけ数字は上がる。あとは、製品の伝道師となるショップをどれだけ巻き込めるか。長期的な視野も含め、流通とのタッグが事業拡大のカギを握る。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • SRIXON X2×JPDA「飛び」のタッグ誕生の理由

  • 11代目ゼクシオは本当に進化しているのか?『イレブン』と『X』の実力を試してみた

  • 住友ゴム工業、役員異動のお知らせ

  • ダンロップスポーツマーケティング、役員選任のお知らせ

  • 「日本一曲がらない男」稲森佑貴が曲がらないコツを伝授

  • イ ボミがボディタッチしてくれた! 『PGMゴルフアカデミー銀座』のレッスン会