1. ニュース
  2. メーカー

最適なロフト角を見出す、チューニングイベントを開催!

メーカー 編集部

 
同製品は1ヘッドコンセプトが特徴で、ロフト角、フェースアングル、弾道を調整可能。合計168通りのセッティングを実現する。今回のイベントでは、ティーチングプロが実際に参加者の球筋やスイングを見ながらロフト角等のチューニングを行い、168通りの中から、一人ひとりに最適なロフト角を見出せるよう、サポートした。
 
さらに、クラブチューニングへの理解を深めるため、「チューニングアカデミー」も同時に開催。イベント参加者に対し、チューニングの重要性についてデモンストレーションを交えながら説明した。アカデミーを担当した同社ブランドマーケティング部の池田省吾氏は次のようにコメント。
 
「予想していた以上に、熱心に講義を受けていただいている印象です。また、チューニングによる弾道の違いを、プロがロフト角の異なるドライバー3本を打ち比べ、実演していますが、反応はこちらも予想以上に好感触です。
今回のイベントはチューニングの啓蒙活動の一環ですが、参加者の方々には、その重要性をご理解いただけたのではないでしょうか」――。
 
また、同社は、2月末より『R1』のイメージカラーであるオレンジで練習場全体をジャックしている。4月上旬にはテーマカラーをオレンジからイエローに切り替え、同社の『ロケットボールズ(RBZ)』や『ロケットブレイズアイアン』、『adizero』などの製品を訴求していき、”飛距離の体感”をメインテーマに、イベントを企画中とのこと。
 
なお、動画はイベントの模様と今回のイベントについてのインタビューを収録。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 記者発表を敢行したテーラーメイド 日本人は『SIM』よりも『SIMグローレ』が合う理由

  • テーラーメイド『SIM / SIM MAX』それぞれの違いは?M5、 M6からの進化は?

  • テーラーメイド『SIM』『SIM MAX』発表 M5、M6からの進化は空力効率

  • テーラーメイド『M5 / M6』を発表 M3 / M4からの進化は「スピード」

  • 『M5』と『M6』は何が違うのか?前作からの進化は?永井プロが詳しく解説

  • 問われるメーカーの説明力 斬新な機能をテーラーメイドはどう伝える?