• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ゴルフ業界求人
  • PGA会員専用求人
  • 「PGA会員専用」の求人情報はこちら

    「ヒールクリーク」が注力、防寒アウター

    編集部
    SNSでシェアする
      秋コレクションから継続の「ネオクラシシズム」をテーマに掲げ、幾何学的なモチーフを多用。また、袖や丈の長短のバランスや、素材の厚みなどにこだわりを見せている。具体的には、パンツの下部にジップを配して"丈の調整"を可能にするアイテム(写真右のマネキンが着用)など、洗練されたデザインの中に遊び心を加えている。   最も注力したのは防寒アイテム。防風素材と中綿を使用し、ストレッチ生地で完成させたブルゾンやベスト、パンツのラインアップだ。無地やチェック、縄柄などを取り揃え、充実の品揃えと言えそう。   売れ行きについて同社ヒールクリーク担当の山田亮氏は次のようにコメント。   「ヒールクリークでは、昨年までメンズの伸び率が高かったですが、今年はレディスが好調です。特に3月や5月の暖かくなってきたタイミングで、店頭が盛り上がっている印象です。 一方のヒールクリークプラチナムは、この秋冬商品から専属チームを立ち上げ、ブランドとしての一本立ちを果たしました。モノトーンがメインとなりますので、組み合わせがしやすいようです。そのためトータルコーディネイトで購入される方も多く、客単価はヒールクリークの約2倍という状況です」――。   「ヒールクリーク」と「ヒールクリークプラチナム」の型数比は8:2に対し、売上比率はおよそ6:4。単価が高いだけでなく、"コーディネイトで売る"技術が、売上アップの鍵を握っている模様。   問い合わせはグリップインターナショナルへ、03~6408~8686。
    タグ
    グリップインターナショナル
    ヒールクリーク