1. フィドラの14年SSは「アメリカ・西海岸」

フィドラの14年SSは「アメリカ・西海岸」

メーカー
この記事は約 3 分で読めます。 84 Views

2014年SSは、ブランドが生まれたアメリカのカリフォルニアを意識したコレクション。ブランドのイメージモチーフであるスコットランドが持つ気品高きイメージを残しつつ、緩く柔らかな色使いや着心地の良さというものを柄や素材感で表現していくという。

今回のコレクションでは、一見無地に見える生地も、シールドロゴやフィドラチェックの地柄やプリントをポロシャツに採用するなどのスタイルを提案。春は綿ライクな見た目を表現したポリエステル、夏は吸水性、接触冷感などの機能を備えたポリエステルを中心に構成したという。また、多くのシャツ素材がストレッチ性、吸汗速乾性、UVカット性を取り入れるなど、軽く柔らかい素材で1日を通して無駄なストレスを感じさせないウエアに仕上がっているとか。

カラーはホワイトとネイビーに、カリフォルニアの海をイメージしたロイヤルブルーやライトシルバーを合わせたブルーのグラデーションをコーディネイトの基本となるように構成。また、柔らかなペールトーンのカラーを採用し、ゴルフ場で大人っぽく爽やかな装いを演出する色味を揃えたという。今シーズンのおすすめのコーディネイトについて同社マーケティングプロダクトマネージャー先崎圭一氏は次のようにコメント。

「メンズは、シールドロゴとフィドラの”Fマーク”のロゴを生地に採用したポロシャツにブロックチェック柄やロイヤルブルーのハーフパンツを組み合わせたスタイルがおすすめです。レディスにおいては、スカートの部分にブロックチェック柄を採用したワンピースやストライプ柄のドルマンスリーブのポロシャツにホットパンツを組み合わせた夏らしい爽やかなスタイリングを提案しております」

なお、ウエアとアクセサリー類の型数合計が約110型。ウエア以外にもデニム調のキャディバッグを72本限定で販売する予定だという。また、それぞれの中心価格帯は、メンズのポロシャツが1万円~1万1000円、パンツが1万2000円~1万5000円。レディスのポロシャツが9000円~1万円、パンツが1万2000円~1万4000円となっている。

同社では、今SSもシーズンモチーフをあえて用いず、シールドロゴを前面に出し、ブランドの認知訴求を引き続き行っていくという。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • バック類大幅拡充で注目のフィドラ

    • マリン系で明るい印象のフィドラ

    • フィドラ、PAR72の15年秋冬展示受注会

    • フィドラ、アン・ソンジュと契約

    • フィドラ、PAR72の15年春夏展示受注会

    • 72本限定フィドラのキャディバッグ発売!