1. ミスヒットを軽減する補強加工法が話題に

ミスヒットを軽減する補強加工法が話題に

開発を手掛けた同社・菅野實社長は、この加工法について次のように説明する。

「シャフトは、トルク3.2などと表示されていても、実際にオフセンターヒットすると、ヘッドにかかる応力で4度以上ねじれることがザラにあります。これをシャフトの先端を補強することで、抑えられないかと考えたのです」

そこで同氏は、シャフトの先端部分に長さ数㎝の金属製パイプを入れてみた。その効果は抜群で、「トウ寄りでヒットしがちなドローヒッターのユーザーから、プッシュアウトが減ったという報告もありました」――。特に、プロや研修生といった上級者からは、「オフセンターヒット時の曲がり幅が少なくなった。イメージ的には、林の中に入っていそうなボールが、ラフぐらいで止まっている。これはかなり大きいことです」パイプ装着の効果を体感するゴルファーが増えているようだ。

この補強加工法は、シャフトの内径やそのテーパーに合わせて、手作業でパイプを削って馴染ませ、高い密着度を実現している。菅野氏によれば、「既存のカーボンシャフトならほぼすべて加工可能です。手間はかかりますが、なるべくリーズナブルな価格で提供しています。是非、プロ・上級者で実証されている加工法を幅広いゴルファーの方に利用して頂ければと考えています」

この先端加工は、ドライバーだけではなく、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンにも対応可能。価格は、ウッド類(ドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティ)が各1本6300円、アイアンが各1本5250円(ともに税込)。

興味のある人は、一度同社まで問い合わせほしい(TEL.089-931-6234)。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • アッタス史上初の「軽硬」を採用。ボール初速とつかまりを最大化したATTAS CoooL(アッタスクール)

    • エネルギー溢れるEVO Ⅳ 安心して叩けるシャフト『Speeder EVOLUTION Ⅳ』

    • 精悍なマットブラック 『PT』と『DI』の遺伝子を受け継ぐサラブレッドが誕生。グラファイトデザイン TOUR AD IZ

    • HS37m/s以下限定で30ヤードアップ? 軽量シャフト研究から生まれた『ラフィーナ』

    • 『MODUS3』ユーザー必見 『Regio』との理想の組み合わせ『N.S.PRO MODUS3』 &『N.S.PRORegio Formula』

    • 飛びにこだわるアスリートへ 「次世代の赤」誕生。三菱ケミカル Diamana RF