1. ニュース
  2. メーカー

+2番手の飛距離を実現するアイアン登場!

メーカー 編集部

同製品は、アイアンにもっと飛距離を求めるゴルファーをターゲットに、”プラス2番手の飛び”を実現させることをコンセプトにした新ラインアップ。

飛びの秘訣は、精密機械加工により実現した、ブレードの内側のくぼみだ。これによりインパクト時のフェースのたわみ量がアップし、反発力が上昇したという。

同時にこのくぼみは軽量化にもつながり、低重心・深重心を実現。その結果、楽に球が上がり、飛距離を稼げる設計となっている。

カーボンシャフトには三菱レイヨン社の軽量シャフト「バサラFS」を業界先行採用。またスチールシャフトには世界最軽量を実現した、日本シャフト社の「N.S.プロ ゼロス7」を採用。振りやすさを徹底的に追求し、飛距離アップにつなげていく。

さらにフェース面の構造は、「RMX」のツアーモデル同様のハニカム構造ミーリングを採用している点も見逃せない。これにより安定したスピンコントロール性能を確保して、”飛んでばらつかない”を実現してくれる。

なお「インプレスRMX」シリーズの他のアイアンラインアップ(ツアーモデルを除く)と同様に、#7からPWまでの4本セットというのも特徴的。UTとの組み合わせや、#6をいれたセッティングなどが自在となっている。

また全番手ニッケルクロムメッキで、メイドインジャパン。ヤマハならではの打感や打音はもちろん、アイアンにも飛距離を求めるゴルファーは、試してみる価値がありそうだ。

■価格

・4本セット(#7~PW):9万6000円
・オプション(#5、#6、AW、AS、SW):各2万4000円


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • IOMIC、人事異動のお知らせ

  • アジルパートナーズ、事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 住友ゴム、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 飛びに方向性をプラスした「インプレスUD+2」2021モデル

  • YAMAHA GOLF CATALOGUE 2020 – ヤマハゴルフ Webカタログ

  • 永井花奈 RMXのクラブで「11勝します(笑)」ヤマハとの契約で超強気

  • 藤田寛之・有村智恵・福田真未らとラウンドできる! 「ヤマハ ゴルフ ファンサミット」レポート

  • ヤマハ『インプレス UD+2』を購入するとプレー券が当たるチャンス

  • ヤマハ担当者に聞いた!新生『インプレス UD+2』のココが凄い!