• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • +2番手の飛距離を実現するアイアン登場!

    編集部
    SNSでシェアする
    同製品は、アイアンにもっと飛距離を求めるゴルファーをターゲットに、"プラス2番手の飛び"を実現させることをコンセプトにした新ラインアップ。 飛びの秘訣は、精密機械加工により実現した、ブレードの内側のくぼみだ。これによりインパクト時のフェースのたわみ量がアップし、反発力が上昇したという。 同時にこのくぼみは軽量化にもつながり、低重心・深重心を実現。その結果、楽に球が上がり、飛距離を稼げる設計となっている。 カーボンシャフトには三菱レイヨン社の軽量シャフト「バサラFS」を業界先行採用。またスチールシャフトには世界最軽量を実現した、日本シャフト社の「N.S.プロ ゼロス7」を採用。振りやすさを徹底的に追求し、飛距離アップにつなげていく。 さらにフェース面の構造は、「RMX」のツアーモデル同様のハニカム構造ミーリングを採用している点も見逃せない。これにより安定したスピンコントロール性能を確保して、"飛んでばらつかない"を実現してくれる。 なお「インプレスRMX」シリーズの他のアイアンラインアップ(ツアーモデルを除く)と同様に、#7からPWまでの4本セットというのも特徴的。UTとの組み合わせや、#6をいれたセッティングなどが自在となっている。 また全番手ニッケルクロムメッキで、メイドインジャパン。ヤマハならではの打感や打音はもちろん、アイアンにも飛距離を求めるゴルファーは、試してみる価値がありそうだ。 ■価格 ・4本セット(#7~PW):9万6000円 ・オプション(#5、#6、AW、AS、SW):各2万4000円
    タグ
    ヤマハ