1. +2番手の飛距離を実現するアイアン登場!

+2番手の飛距離を実現するアイアン登場!

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 114 Views

同製品は、アイアンにもっと飛距離を求めるゴルファーをターゲットに、”プラス2番手の飛び”を実現させることをコンセプトにした新ラインアップ。

飛びの秘訣は、精密機械加工により実現した、ブレードの内側のくぼみだ。これによりインパクト時のフェースのたわみ量がアップし、反発力が上昇したという。

同時にこのくぼみは軽量化にもつながり、低重心・深重心を実現。その結果、楽に球が上がり、飛距離を稼げる設計となっている。

カーボンシャフトには三菱レイヨン社の軽量シャフト「バサラFS」を業界先行採用。またスチールシャフトには世界最軽量を実現した、日本シャフト社の「N.S.プロ ゼロス7」を採用。振りやすさを徹底的に追求し、飛距離アップにつなげていく。

さらにフェース面の構造は、「RMX」のツアーモデル同様のハニカム構造ミーリングを採用している点も見逃せない。これにより安定したスピンコントロール性能を確保して、”飛んでばらつかない”を実現してくれる。

なお「インプレスRMX」シリーズの他のアイアンラインアップ(ツアーモデルを除く)と同様に、#7からPWまでの4本セットというのも特徴的。UTとの組み合わせや、#6をいれたセッティングなどが自在となっている。

また全番手ニッケルクロムメッキで、メイドインジャパン。ヤマハならではの打感や打音はもちろん、アイアンにも飛距離を求めるゴルファーは、試してみる価値がありそうだ。

■価格

・4本セット(#7~PW):9万6000円
・オプション(#5、#6、AW、AS、SW):各2万4000円

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 勝つために進化した『RMX』。新しい時代に突入へ

    • “探求主義”も”合理主義”も、ヤマハで自分の最大飛距離を手に入れろ!!

    • 藤田プロも驚く新契約選手5名の顔ぶれ プロ戦略加速で一気呵成のヤマハ

    • ヤマハ、田嶋良平氏がゴルフHS事業推進部長を退任

    • ヤマハ飛びに自信の『インプレス』は、あのクラブより飛ぶんです!