1. 高級感と飛びにこだわった『ロイヤルDTP』

高級感と飛びにこだわった『ロイヤルDTP』

メーカー
この記事は約 3 分で読めます。 82 Views

同シリーズ最大の特徴は、ゴルフクラブとプレーヤーのパワーを最大限引き出すべく、ヘッドとグリップにタングステンを効果的に複合させたDTPを採用したこと。ヘッドは、タングステンを搭載させてボール初速をアップさせる重ヘッドを採用。グリップはエンド側に15gのタングステンパウダーを内蔵し、重心位置を10mm手元側に移動させたタングステンバランスグリップを装着。これらの組み合わせによって、スイングバランスを適正化。重さを感じさせないパワーのある重ヘッドで、力むことなく普段のスイングをするだけで軽く振り抜け、ボール初速がアップするという。同社製品開発課の河野雅之氏は、次のようにコメント。

「新カーボンクラウンヘッドを採用したドライバー、ハイブリッドFWは、カーボンエリアが従来品に比べ15%拡大。最薄部は0・6mmを実現。その結果、当社史上最高の低重心率42・5%を達成しました」

また、同ドライバーのシャフトには超軽量『REXIS XELA(レクシス・キセラ)』を採用。47インチの長尺仕様でも軽く振り抜けると前評価も高い。

「その結果、当社テスト結果では、従来品と比べボール初速が1・7m/sアップ、飛距離11・8ヤードアップという良好な結果が得られており、ドライバーからアイアンまで共通したテクノロジーによって、果敢に飛ばせてピンを狙うことが可能になりました」(河野氏)

そして今回、ロイヤルシリーズでは初となる弾道調整機能を搭載。本体カラーに関しては、高級クルーズトレインとして有名な『ななつ星 in九州』を思わせるゴールドと深みのあるパープルでまとめた。まさに、ロイヤルの名に相応しい、ゴルファーの所有感を満たしてくれるモデルが完成したといえるだろう。

ちなみに、同ドライバーは10度、11度の2タイプを用意。本体価格は1本8万8000円。

また、形状をフローさせることで、下の番手はアイアン感覚で打てるUT形状を採用した同ハイブリッドFWは、#3(15度)、#4(18度)、#5(21度)、#6(24度)の4タイプを用意。本体価格は1本4万7000円となっている。

さらに、バックフェースにカーボンプレートを採用し、徹底した低重心化を図った同アイアンは、5I~9I、PW、AW、AS、SWを用意。本体価格は4本セット(7I~9I、PW)が12万円、それ以外の単品は各3万円となっている。

同社は昨今、国内自社工場の強みを活かし、注文から最速2日後に店頭へ発送する「カスタムフィッティングオーダー」にも注力しているが、製品のみならず、これらの同社の挑戦にも注目したい。問い合わせはヨネックスへ、03~3833~3526。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • YONEX GOLF 2017 – ヨネックスWebカタログ

    • これぞヨネックス! “カーボンテクノロジー”の粋を集めた新ドライバー『EZONE GT』を徹底検証

    • YONEX EZONE GT – ヨネックスWebカタログ

    • ヨネックス 人事異動

    • ヨネックス参与(元代表取締役副社長)、米山重義氏が逝去

    • ヨネックス、役員選任のお知らせ