1. ニュース
  2. メーカー

ゴルフレーヴ、第二弾は迷彩柄のシャフトを発売

メーカー 編集部

同社は昨年の春、第一弾として『インパクトボロン』を発売。航空機の可動翼やレーシングカーに使用されるボロンをフルレングスに採用するなど、50歳以上の男性ゴルファーをターゲットにしたシャフトとして話題を呼んだ。

このたび第二弾として、「しなって、はじけるシャフトが欲しい」というユーザーのリクエストから、約1年半の開発期間を経て、オリジナルシャフトが上市された。

新製品の『レイヴァー・アーマード・レディ』は、ヘッドスピードが遅い人でも容易にしならせることができるので、タイミングが非常に取りやすいという。また、しなり戻りが早く、コントロール性能と飛距離の両立を実現したシャフトに仕上がったという。

さらに、シャフトデザインはゴルフ場で目を引く迷彩柄を採用。ベースとなるカラーはカーキ、ブルー、ピンクの3種類で、フルレングスデザインを採用したこだわりよう。チップ側には「Rock’n’Roll」(さあ、行くぜ!)という文字が記載され、これからコースへ望む前の気合を表現しているという。

スペックは、60、70g台ともにS2、S、Xを用意。全長は46インチで、キックポイントは中調子となる(全モデル)。

斬新なデザインと機能性が注目を集めそうなこのシャフト。現在取扱販売店を募集中だという。

問い合わせはゴルフレーヴへ、06~6845~6730。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • KRONOS GOLF 2019 – クロノスゴルフ Webカタログ

  • 日本パブリックゴルフ協会、移転のお知らせ

  • 【LIVE】ゼクシオ新商品記者発表会のライブ中継を行います

  • 二木ゴルフ、役員選任のお知らせ

関連記事

  • Aozora no saki ni(アオサキ)シャフトを永井プロが試打検証 

  • 思いっきり振るだけで飛ばせるシャフト「マーベリック」を検証 高弾道・低スピンはシャフト任せ

  • 三菱ケミカル「クロカゲXD」を試打検証 安定したスピン量に高いミート率のシャフト

  • 「TOUR AD Uシリーズ」ユーティリティ専用シャフトの実力は?

  • 世界最軽量スチールシャフト「N.S.PRO Zelos 6」を永井プロが検証

  • フジクラ スピーダー TRを永井プロが試打 飛距離と安定性を両立した叩けるシャフト