1. ニュース
  2. メーカー

ゴルフプライド2015年モデル

メーカー 日本フェィウィック 編集部

ゴルフプライドグリップの販売代理店である日本フェィウィックは3月中旬、2015年モデル『MCC Plus4』、『Black Niion』の2モデルを発売した。

世界中のツアーシーンにおいて使用率が急増中の『MCC』シリーズは、グローブを装着した手で握る部分はコード、素手で握る部分はラバーという2種類の機能を融合させたハイブリッドグリップ。ニューモデルの『MCC PLUS4』は、現行モデルに比べ、グリップ下部のテーパーを少なくし(標準的なモデルに比べ、4・6%太く設計)、よりやわらかいラバーを採用したモデル。米PGAツアーでトレンドのひとつである下巻き4枚程度のテーパーレス形状を実現しているという。

さらに、本体部のデザインパターンも一新。しっとりとしたホールド感を得られ、握り心地がよりソフトになりフィーリングも向上。『MCC』のモデル名は冠しているが、ただの追加モデルという位置づけではなく、まさにニューモデルの名に相応しいグリップの登場といえるだろう。

ラインアップはスタンダード、ミッドという太さの異なる2機種を用意。カラーはグレー、ブルー、レッドの3色展開で、ミッドのカラーはグレーのみ。口径は60で、バックラインは無しのみの展開となる。続いて『Black Niion』を紹介しよう。

現行モデルの『Niion』シリーズといえば、握りやすさを追求した3種類のパターンがしっかりとした打感とコントロール性能を実現。蛍光色を採用し巷間で好評を博している。この独自に開発した3種類のパターンを説明すると、グリップ上部の握り位置は複合パターンを採用することでホールド感を演出。グリップする主要部分(フィンガー部分)はハニカム状のパターンで滑りにくく、グリップ下部の握り位置はフィーリングを重視させ、コントロール性能を高めた構造を採用。このデザインパターンによって、優れた撥水性と吸いつくような感触を実現している。

ニューモデルの『Black Niion』は、『ツアーベルベット・ラバー』よりも13%ソフトな新素材を採用。フィット感がさらに向上し、安定したグリップを提供してくれるモデルに仕上がったという。

カラーはモデル名の通り、ブラックを基調にメンズはイエロー、ブルー、ピンクの3色、レディスはピンク、ラベンダーの2色を用意。口径はメンズモデルが60、レディスモデルが59となっており、それぞれバックライン有りのみの展開となる。

問い合わせは日本フェィウィックへ、043~297~1929。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • REALSPECGOLF、店舗移転のお知らせ

  • IOMIC、本社移転のお知らせ

  • 日本ゴルフコース設計者協会、事務局移転のお知らせ

  • METALFACTORY 2019 – メタルファクトリーWebカタログ

関連記事

  • ゴルフプライド『CP2™』の柔らかさが凄い! ケガや故障、シニアゴルファーにも最適!?

  • 裏側に盛り上がっている線があるグリップ『MCC ALIGN(アライン)』が登場

  • Golf Pride 2017 – ゴルフプライドWebカタログ

  • バックラインじゃない、アライメント機能を搭載した『ALIGN』

  • 日本フェィウィック、本社移転のお知らせ

  • Golf Pride CP2 Pro, CP2 Wrapを永井プロが検証