1. ニュース
  2. メーカー

セミグースの『ドルフィン』登場

メーカー キャスコ 編集部

キャスコは7月4日、現行モデルの性能はそのままに、アプローチの高い安心感を発揮するセミグースタイプの『ドルフィンウェッジ(DW‐115G)』を発売する。

『ドルフィンウェッジ』は、トウ・センター・ヒールでバンス角を変化させ、徹底的に抵抗を少なくする「トリプルバンス設計」を採用し、あらゆるライからでもボールが拾いやすいと評判のアイテム。

同ウエッジは、現行のストレートタイプよりもFP値を2mm抑えセミグースネックにし、グースネックのアイアンを使用中のユーザーでも違和感なく構えられるよう開発されたモデルだという。FP値を2mm抑えても、適度なソールラウンドをつけることで、好評を博している抜けの良い「ドルフィンソール」は引き継いでいるという。同社によれば、

「セミグースネックにも関わらす、テーパーネックにすることで、ネックからフェースへの繋がりがシャープなイメージになりました。また、ストレートタイプより約3%ヘッドを大きくすることで、より構えたときの安心感をもたせました」

さらに、スピン性能を最大にするフェース処理「ファインループミーリング」をフェース面トウ先端まで行うことで、フェース面上の平滑度をアップ。加えて、スコアラインの長さを従来品より2mm長くすることで、フェース面打撃部が拡大したイメージを演出。これも構えたときの安心感に一役買っているのだとか。

ロフトは、44度、48度、50度、52度、56度、58度、60度の7タイプという充実のラインアップ。この7タイプそれぞれに、NSPRO950H(同仕様モデル本体価格1万8000円)、オリジナルカーボン(同2万2000円)、レディスカーボン装着モデル(同2万2000円)を用意しているという。老若男女問わず、あらゆるゴルファーにマッチする人気の商材になりそう。なお、ロフト44度・レディスカーボンシャフトモデルは9月5日発売とのこと。

問い合わせはキャスコ(お客様相談ダイヤル)0120~371~562。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • REALSPECGOLF、店舗移転のお知らせ

  • IOMIC、本社移転のお知らせ

  • 日本ゴルフコース設計者協会、事務局移転のお知らせ

  • METALFACTORY 2019 – メタルファクトリーWebカタログ

関連記事

  • キャスコ、役員選任のお知らせ

  • キャスコ、役員選任のお知らせ

  • Kasco 2018 – キャスコWebカタログ

  • 「開発に4年!」杜仲茶のボールを開発したキャスコ高橋社長の意気込み

  • キャスコが産学共同開発 杜仲茶の原料で作ったボール『BIO SPIN -TOCHU-』を発表

  • Kasco 2017 SS – キャスコWebカタログ