1. 「トヴホ」のテーマは『京都が港町だったら』

「トヴホ」のテーマは『京都が港町だったら』

「トヴホ」は今回、テーマにラテン語で海を意味する”MARE”を掲げ、京都が港町だったらという解釈のウエアを展開している。ポイントは異素材を掛け合わせている点。15年AWで好評の着物風の絞り柄がポロシャツに取り入れられるなど他に類を見ないデザインが特徴だ。現在は直営店のほか、20店舗ほどで展開しているとのこと。

一方の「ロック・デュード」はアメリカ西海岸を意識したラインアップとなっており、以前よりポップな印象を受ける。なおリブ付きパンツが昨シーズン評判が良かったことから、今後定番化していく姿勢を見せている。

また今回、新たなアイテムとして「Concho(コンチョ)マーカー」を提案。ネイティブインディアンのシルバーアクセサリーをモチーフにしたガラス製のマーカーがそれだ。現在約15店舗で展開している同ブランドは、今後も独自の視点からウエアを発信していく模様。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • ダンスウィズドラゴンがスヌーピーとコラボ!

    • ミュージカルをテーマに展開するDWD

    • 14年春夏「ダンス」「ロック・デュード」「トヴホ」展示会

    • 昨対1割増のDWDが新ブランドにも注力

    • 片山、マスターズ直前契約発表