1. ビバハート、1ブランドに集約

ビバハート、1ブランドに集約

本コレクションでは、季節毎にテーマが設定されており、3つのテーマで移り変わっていく。立ち上がりの春は”Wonderland of the Sea”で、輝く海をイメージ。キラキラしたホログラムやイルカやルアーなどのモチーフが使用されている。続く初夏には”Beach Paradise”がテーマに据えられ、ウキウキ気分をポップなビーチアイテムでグラフィカルに表現する。また一部アメコミ調のイラストが取り入れられているのもポイントだ。イエローやマンダリンオレンジ、フューシャピンクといった鮮やかなカラーを取り入れた海辺のリゾートスタイルに仕上がっている。本格的な夏になると、テーマが”VIVA! カーニバル”と変化。リオ五輪を連想させるビビットなラテン系のカラーリングが暑い夏の中でも、気分を盛り上げてくれそうだ。

なお同ブランドでは今秋、「ウィンターキャンペーン」を予定しているとのこと。取り扱い全店を対象に、1万円以上の購入で、「ビバハートカップ」(成田GC、12月11日開催、契約の有村智恵プロ、塩見好輝プロ参加)への参加券やオリジナルグッズ(非売品)などが160名に当たるというもの。期間は10月9日から11月8日まで。

また「ビバハート」ではこれまで、女性向けラインの「ビバハート リプリエ」やメンズラインの「ビバハート ドットビー」を展開してきたが、今シーズンより1ブランドに集約。15AWよりスタートしている韓国進出を皮切りに、今後韓国市場でのさらなる展開も予定しているという。現在の売上比率はメンズ4割、レディス6割とややレディスが強い印象を受けるが、今後メンズを強化していく姿勢を見せている。

一方の「J.リンドバーグ」は今回、ライセンス商品のみの展示のため、ラインアップは少なめ。「アクティブ」と位置づけたジャージやブルゾンなどのアイテムや、日本の夏向けの吸水速乾など機能をプラスした「ミッドサマー」アイテム、ゴルフ場の往復に着られそうなカジュアルな「リラックス&リゾート」などが並ぶ。

また今回新たに加わった、ナチュラル感を意識したキャディバッグなどのアイテム、「アイコンシリーズ」は男女問わず使用できそうなアイテムに仕上がっている。

同ブランドでは現在、メンズ売上が8割を占めており、レディスはこれからというところ。今後の展開に注目したい。

問い合わせはグリップインターナショナルへ、03~6408~8686。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • ゴルフも遊びも充実させたい人へ贈る「ロサーセン」

    • 最近のゴルファーはミドルレイヤードがお好き?

    • グリップインターナショナル、人事異動のお知らせ

    • ビバハート×ドレスキャンプは4シーズン目に突入!

    • 来春15周年を迎える「ヒールクリーク」。順調に顧客拡大中

    • インディゴの「ロサーセン」、「エネーレ」は躍動感溢れる16SS