1. 空力特性を駆使した進化形高反発『クロトRE16α―SPEC』

空力特性を駆使した進化形高反発『クロトRE16α―SPEC』

『α―SPEC』は、上級者を満足させるこだわりの高反発フェースを採用するが、従来の高反発モデルとは一味違う工夫を凝らす。その点について、同社では次のように説明する。「従来の460㎝3クラスの高反発ドライバーは、アドレス時の投影面積が大きく、熟練のゴルファーにとっては構えにくいと感じるサイズ感でした。そこで『クロトRE16』は、フェースからバックフェース方向を引き締めた輪郭とし、安心感を損なうことなく、バランスの取れたヘッド形状を採用したのです。

また、新設計『カップフェース』が優れた反発性能と、軽量ヘッド特有の当たり負けを解消、ショットをコントロールする楽しさと圧倒的な飛距離性能で、”心躍る”体験をお届けします」

セットアップのしやすさやショットメイクのフィーリングの出しやすさなど、熟練のゴルファーが好む高反発ヘッドに仕上げるあたり、パーツを熟知する同社ならではといったところ。さらに、特徴を挙げるなら、スイング中のヘッドの挙動を安定させるという「エアロソール」シェイプだ。これは、ソール前方から後方へ続くスリットデザインと、ソールの後方部を反らした「エアロソール」設計が、スイング中の空気の流れを整えるディフューザー効果を生み出すというもの。

昨今、ドライバーヘッドの大型化に伴い空力特性が注目を集めているが、高反発モデルでこの分野の研究にチャレンジしているメーカーはほぼない。高反発モデルは、体力の落ちたシニア層が愛用するというイメージだが、先進テクノロジーを携えた進化形の高反発ということを考えれば、トレンドに敏感な若年層も取り込めそうだ。

一方の適合タイプの『クロ16SLE』の基本的なデザインは、高反発モデルと同一だ。しかし、細部を見ると、同社の精緻なモノ作りの姿勢が見え隠れする。それが、高反発モデルとは異なる重心設定で、重心距離を短く、深度を浅めにデザインしている。

適合モデルは高反発モデルに比べて、競技者の使用も多いことから自分でクラブを操ってボールをコントトールしたいというニーズも強い。この辺りのディテールに踏み込んだ『クロトRE16』シリーズは力作と呼ぶにふさわしい出来栄えだ。

なお、両モデルともヘッドパーツだけではなく、専用シャフトも用意しているので、同社サイト(www.geotechgolf.com)でチェックしてほしい。なお、画像は上が高反発仕様の『α―SPEC』モデル、下が適合仕様の『SLE』モデル。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • ドライバーが重いと感じる全ての女性に!『クロト エアリアルα-スペック168』デビュー