1. ニュース
  2. メーカー

ニューバランスがシューズ& ウエアで市場参入を発表

メーカー 編集部

ニューバランスジャパンは3月23日、都内本社ビル(東京都千代田区)でゴルフ市場参入に関する記者発表会を開催した。同社は今年7月よりゴルフカテゴリーに新たに参入し、来年1月よりTSIグルーヴ アンド スポーツ(TSI)をパートナーとしてアパレル及びアクセサリーを市場に投入することを発表した。

記者発表冒頭、同社の冨田智夫代表取締役社長は、

「ニューバランス(NB)は近年、世界市場で最も成長しているブランドです。日本でも一昨年テニス、昨年ベースボールとフットボール市場に参入しており、今年はゴルフ市場に参入します。新たなカテゴリーに挑戦することで、世界で3番目のアスレチックブランドを目指していきます」

また、アパレルとアクセサリーのパートナー企業であるTSIの仙座学社長も挨拶。

「NBは昨年のPGAショーでゴルフシューズを発表しました。それで、是非アパレルを当社でやらせて欲しいとアプローチしました。実は契約を締結したのは今月です。全世界で多くの人に愛されているNBが、これまでにないゴルフアパレルを展開したい」

また今回、ゴルフ分野への展開に当たり芹澤信雄プロ、藤田寛之プロとゴルフフットウエア契約を締結したことを発表。プロ2名が登壇し、NBの魅力を語った。

「オシャレは足元から。ファッショナブルですし、履いた瞬間からフィット感とホールド感があるので、今から試合が楽しみです」(芹澤)

「周りの反応が非常に良い。特に気に入っているのはやわらかいからプレーにストレスを感じないこと。試合で履いても疲れにくい。このシューズを履いてTVに映るように活躍していきたいです」(藤田)

今回の発表されたのは7月発売のシューズ3モデル9SKU。スイング時のグリップ力と歩行時の心地よさを両立したのが『MG3001』(男性用)。1988年に発売したシグニチャーモデル「574」のゴルフシューズ『MG574』(男性用)と『WG574』(女性用)。長時間の着用での突き上げ感軽減をラバーのアウトソールでサポートしたモデル。そしてシグニチャー「574」のスパイクレスバージョンの『MG574B』がラインアップする。

具体的な流通政策、マーケティング戦略、販売目標などは未発表だが記者発表には大手流通関係者も招待されており、大型流通を中心とした販売も予想される。ライフスタイルブランドとしても知名度の高いNB。シェア争いの激しいシューズ市場に一石を投じるのか? シューズの発売まで3ヶ月。NBのスタートダッシュによる市場の活性化も期待される。

動画は記者発表の様子を収録したもの。


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • SRIXON X2×JPDA「飛び」のタッグ誕生の理由

  • 特別な「コードカオス」が登場!“2020”足限定で

  • シーモアのナッシュビルスタジオシリーズより「Z1s」が新登場

  • 「RM」がUSPGAツアーでの実績を積んで満を持して登場

  • 2本のアライメントスティックと組み合わせるスイング練習器『ダイヤスイングアライメント』

  • ソナテックが再上陸か?ウエッジヘッドを上市するアドラージャパン