• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 本間ゴルフ プロトタイプを製品化、3代目『TOUR WORLD』

    編集部
    SNSでシェアする
    本間ゴルフは、熱意系のニーズを形にした「TOUR WORLD×VIZARD」のNEWモデル「TOUR WORLD TW737」を10月18日に投入する。 新モデルは、ドライバー4機種、フェアウェイウッド2機種、アイアン4機種、ユーティリティ2機種と「VIZARD」シャフトウッド用3モデル、アイアン用2モデル、UT用2モデルのラインアップ。価格はドライバー8万円、FW4万2000円、UT2万8000円~、アイアン(6本)11万4000円~。 「TW737」の開発にあたっては、歴代のTOUR WORLD製品と膨大なプロトモデルの中からプロの評価が高く、実戦で実証されたモデルを厳選したという。なかでも今回のFWとUTはヘッド体積の異なる大小2つのヘッドを用意する拘りぶりだ。 ドライバーは、重心設計・ヘッド形状・フェース構造を変化させ、異なる特長を持つ4機種。アイアンは、Vシリーズ3モデルとポケットキャビティ(Pシリーズ)の計4機種をラインアップ。 装着シャフトは、ウッド用に新素材・新製法を採用したNEW「VIZARD」3タイプを用意し、アイアン用に「IN」と重量系の「IB」、UT専用の「IN-U」と重量系の「IB-U」の陣容となる。 なお、動画ニュースでは先頃都内で開催された記者発表のもようを収録した。 登壇者:本間ゴルフ 伊藤康樹社長、イボミ、笠りつ子、木戸愛、永井花奈、福田真未、森田遥、キム・ハヌル、小田孔明、谷原秀人、藤本佳則、高山忠洋、J・パグンサン、小林伸太郎、上平栄道、キム・ドフン、ハン・ジュンゴン、上井邦裕、梁 津萬、山本潤
    タグ
    本間ゴルフ
    Tourworld
    TW737
    イボミ
    ツアーワールド