1. 5年ぶりの『ディアマナX 17』

5年ぶりの『ディアマナX 17』

メーカー
この記事は約 2 分で読めます。 128 Views

米ツアーを始めとする、アスリートもシャフト重量を軽量化していくトレンドに対して、50g台もラインアップ。通常のラインアップに飽き足らない、究極を求めるゴルファーに贈るプレミアムアスリートモデルという位置づけだ。

構造的には、同社材料技術の粋を集め、超高弾性ピッチ系90㌧ダイアリードカーボンファイバーをフープ層に配置し、78㌧ダイアリードカーボンファイバーをバイアス層に使用してバット部を強化。ストレート層には強度と弾性率を高次元で両立するPAN系MR70カーボンファイバーを採用。ピッチ系カーボンファイバーとPAN系カーボンファイバー双方を持つ同社ならではの惜しみない材料使いをしている。いかなるハードヒッターも受け止める剛性感とディアマナ史上最も絞ったトルク値を実現しているという。

問い合わせは三菱レイヨン・ゴルフシャフト部へ、03―6748-7606。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • アッタス史上初の「軽硬」を採用。ボール初速とつかまりを最大化したATTAS CoooL(アッタスクール)

    • エネルギー溢れるEVO Ⅳ 安心して叩けるシャフト『Speeder EVOLUTION Ⅳ』

    • 精悍なマットブラック 『PT』と『DI』の遺伝子を受け継ぐサラブレッドが誕生。グラファイトデザイン TOUR AD IZ

    • HS37m/s以下限定で30ヤードアップ? 軽量シャフト研究から生まれた『ラフィーナ』

    • 『MODUS3』ユーザー必見 『Regio』との理想の組み合わせ『N.S.PRO MODUS3』 &『N.S.PRORegio Formula』

    • 飛びにこだわるアスリートへ 「次世代の赤」誕生。三菱ケミカル Diamana RF