• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 裏側に盛り上がっている線があるグリップ『MCC ALIGN(アライン)』が登場

    吉村真
    1974年生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国、台湾、米...
    SNSでシェアする
    ゴルフプライドを展開する日本フェィウィックは10月から順次、『MCCALIGN』の『MCC Plus4 ALIGN』をスタンダードサイズ、ミッドサイズをそれぞれ発売する。 グリップの裏面に注目してもらいたのが、このグリップ。「ALIGNテクノロジー」と呼ばれる、独自のパフォーマンス素材で作られた稜線(盛り上がった線)がグリップ裏面に配してあり、グリップを握る際に毎回同じように手を添えることが可能という画期的なグリップだ。 この「ALIGNテクノロジー」は4つの特徴から形づくられているが、その盛り上がり自体を「レイズドリッジ」(下記)と呼び、これによってクラブフェースが何処を向いているのかが分かる仕組みになっている。
    レイズドリッジ
    その「レイズドリッジ」は、その他の部分のゴム素材より、硬さが約50%も硬い「ファーマー・マテリアル」(下記)という素材で「レイズドリッジ」自体を強烈にアピール。
    ファーマー・マテリアル
    加えて、「レイズドリッジ」の両側には溝「CARVED CHANNEL」(下記)が刻まれており、ゴルフクラブにグリップを装着した際に感触が際立つように設計されている。
    「レイズドリッジ」両側の溝「CARVED CHANNEL」
    そして最後のテクノロジーが「マイクロ・ダイヤモンド・テクスチャー」。これは盛り上がり部分「レイズドリッジ」に施されたパターンで、グリップを握った際に食いつき感と一貫した手のポジションを提供するデザインだ。
    マイクロ・ダイヤモンド・テクスチャー
    『MCC ALIGN』と『MCC Plus4 ALIGN』は、ともにスタンダードサイズとミッドサイズをラインアップしているが、クラブを短く持つ場合もあるウエッジなどは、グリップした時に右手部が細くならない『MCC Plus4 ALIGN』を選ぶなど、クラブの用途に合わせてその太さを選択可能だ。 テスト試打を行ったゴルフ工房「ゴルフマジック」代表の鹿又芳典氏は、「MCC ALIGN」を絶賛しており、 「こんなにも手の中で緩まずにフィットするグリップは初めて!」と太鼓判を押している。さらに、 「フィット感が高いので、余計なチカラを入れることなく軽く握ることができます。軽く握ることができれば力まないから、クラブを速く振ることもできるし、バンカーショットやラフからのショットのような抵抗を感じるショットでも、フェースのコントロールがしやすい。オススメのグリップです」と付け加えている。 10月より順次店頭にお目見えするので、まずはゴルフショップで「MCC ALIGN」を握ってみよう。 商品の問い合わせは日本フェィウィック・ゴルフ営業部へ、03-6262-6176。
    この著者の記事
    動画を撮ってアプリでスイング分析 PRGRのマルチスピードテスター『RED EYES POCKET HS-130_BLE』を使ってみた
    2024年05月14日
    この著者の記事
    全体しなりで身を任せる 『オリジナル』 先がしなっても左に行かない 『JOY365』 HS50m/sで叩いても暴れない
    2024年05月13日
    この著者の記事
    スチールファイバーシリーズにUT専用が登場
    2024年05月11日
    この著者の記事
    インドア施設がゴルフショップ店内にオープン GOLF NEXT 24有賀園ゴルフ西東京店に行ってみた
    2024年05月09日
    この著者の記事
    KBS MAX HL が登場! タメを感じながら驚異的な戻り『40RED』 勝手にしっかりタメて飛ぶ『42WIHTE』 HS50m/sでも叩きにいける『45BLACK』
    2024年05月07日
    → もっと見る
    タグ
    グリップ
    ゴルフプライド