1. TOP
  2. ニュース
  3. メーカー
  4. CG27年ぶりの鍛造ウエッジ

CG27年ぶりの鍛造ウエッジ

 
同ブランドのウエッジとしては、プロパー商品27年ぶりとなる鍛造製が2機種。最近では07年4月に数量限定で発売した『588フォージド』が鍛造製だが、プロパーしては1982年の『クリーブランドクラシックⅢ』以来。日本市場を戦う上で、フォージドウエッジのラインアップを重要視してのことだ。
 
『588ツアーアクションフォージドウエッジ』は、アメリカンウエッジの代名詞と呼ばれる588ツアーアクションの形状を踏襲する。フェースのトゥ側の高さを活かして、フェースを開きやすく高度な技術を活用できる仕様。しかも進化した「ジップグルーブテクノロジー」を搭載。どんなライでも、優れたスピン性能を発揮する。この新「ジップグルーブテクノロジー」は、2010年1月1日以降に製造されるクラブの溝規制にも対応。
 
そして『CG-F1フォージドウエッジ』は、日本のゴルファーがより好む全体的に丸みを帯びた形状を採用。フェースのヒール側が高く、フェースを開いたり閉じたりすることが少なく、スクエアに構えることが多いゴルファーには安心感も向上する。さらには先の新「ジップグルーブテクノロジー」が搭載され、スピン性能は申し分ない。
 
この2機種はともに鍛造で、特有のマイルドな打感も特筆すべき点だろう。
 
そして元祖588ウエッジの形状を踏襲した鋳造モデルが『588ジップグルーブウエッジ』だ。フェースを開いて使用しても違和感なく構えられ、ライの状況に関わらず多彩な技を活かせるデザイン。そして「ジップグルーブ」ならではスピン性能を搭載している。また、鋳造ながら素材にマイルドステンレススチールを採用しているため、軟鉄鍛造並みのマイルドな打感を実現している。
 
問い合わせはSRIスポーツへ、0120~653~045。

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダイヤコーポレーション、人事異動のお知らせ

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • DUNLOP GOLF 2018 AUTUMN/WINTER – ダンロップ Webカタログ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • ツアーエッジのワンアウト ウエッジ

  • 『CG7』シリーズ2機種登場

  • 男子プロが被災地を激励訪問

  • Cleveland GOLF 2013 – クリーブランドWebカタログ

  • SRIが口蹄疫被害を支援

  • クリーブランドがトップ奪取